「命への祝福」

脳に措ける神経細胞の伸び方は「雷」に似ているが、雷は厳密には上から伸びる電気と、僅かに下から迎える電気があり、これが連結して落雷となる。

しかしこの雷のシステムには明確な因果律が認められず、どこへ落雷となるかは地面からも迎える電気がある以上、運命論的な側面を持ちながら不確定性の範囲を出ない。

同じように生物の神経細胞もどちらか片方が伸びて何かに繋がるのではなく、繋がろうとする先からも、それに対するアクションが存在する。

例えばイモリやカエルなどの両生類では網膜から中脳へ繋がる視神経細胞を切断して、つまり視覚能力を失わせても、その細胞の結合は早い間に始まり、本来の機能ととほぼ同じ機能を持つ視覚能力が再生される。

だがこの際、最初のオリジナルの細胞結合、すなわちイモリやカエルが誕生するときに見られる神経細胞の結合は、細胞同士がまっすぐ伸びて結合されるが、オリジナルが切断された後再生される場合は、神経細胞の伸び方が迷っている、若しくは何かを試行錯誤しながら、相手を探すように結合することが知られている。

そしてこれがニワトリの場合、ニワトリの視神経も切断されると、やはりイモリやカエルと同じように再生細胞が伸びていくが、神経細胞が一度本来結合すべき方向と違う方向に伸びだすと、その方向へとまっすぐ神経細胞が伸びてしまい、これを修正できず、結果として神経細胞の結合は正常に行われない。

これに対して、では他のパターンで「バッタ」を見てみると、バッタでは細胞が分化していく箇所と他の細胞との位置関係が初めから決定していて、全く迷いも無く機械的なほど正確に細胞が結合していく。

このことからバッタの細胞には、基本的な細胞の結合関係が既に書き込まれていることが分かるが、この場合細胞間の関係はその個体の経験値によるものが少ない、すなわち最初から決定的なものだと言う事になる。

また生物に措ける「脳」は、神経細胞を始めとする膨大な量の基礎的生体情報処理機構が更に集合された、生化学的情報処理機構と言うべきものであり、ここに特筆すべきは脳神経系の「可塑性」(かそせい)と言うものである。

神経細胞は自己組織を持ちながら、その構造を自己変化させる、いわゆる「創造」の部分を持っていて、この為一般的に高等な生物となるに従って「最初から決定されている部分」が少なくなっているのである。

これらは、例えば「赤核細胞」のシナプスなどには、新しい芽(スプラウト)が出る「発芽現象」が起こることや、小脳の運動学習機能では「プルキンエ細胞」に措けるシナプス伝達効率の変化が起こる事をしても、「創造」と言うものを連想するに足るものだが、このようなシナプス結合の構造、また電気的化学変化に措いては、シナプス結合部のカルシウムイオンや、たんぱく質濃度変化にその素因が求められるとされている。

そして生物学的には生体の神経細胞は、生後特定の期間に発達を続ける事が分かっているが、有名な実験で、例えば猫を縦縞だけしか見えない、横線の見えない部屋で生まれた直後から飼育すると、この猫は「横線が見えない猫になってしまうが、これは視覚中枢系にあるのではないかとされている、「横線」に対する認識細胞の発達が遅れるためである。

また人間に措いてもこうした事は同じことが言え、乳児がそのどちらかの目を怪我した場合、眼帯は片方だけではなくその両眼を覆う必要があるが、もし左眼を怪我したとしたとき左眼だけを覆うと、右目の視覚に関連する大脳左半球の視覚神経系が右半球、すなわち左眼の視覚神経系の機能を補填してしまい、左眼が見えない状態で脳が固定され、結果として左眼が見えなくなってしまうのである。

人間の視神経系は生後1年以内にその発達が充分完成され、また人間の言語神経系は生後10年くらいまでは成長するとされているが、こうした神経系の発達は緩やかな均一性を持っておらず、その成長には加速度と言うものが存在する。

つまり人間の視覚神経や言語神経は急速に発達する時期を持っていて、こうした時期を「臨界期」(critical period)と言うが、人間の神経系はこうした「臨界期」に措いて、その機能を外界に晒して経験させることが必要になる。

人間の神経系発達はつまり、持って生まれた基本的な構造と、自分以外の「外世界」に接して得られる経験的相互作用の両方に依存しなければ完成せず、持って生まれた基本構造と、外界に接して得られる経験作用は車の両輪のような関係にあり、このことから子供が「臨界期」に「外世界」に接しない状況に有れば、当然視覚神経系も言語神経系も、同じようにその充分な発達が得られないことになる。

生物の脳は一般的に高等とされる生物ほど、「固定されたものが少なくなる」と言う事はこうしたシステムの為に、すなわちその「可塑性」のゆえに必然とされるもののようだ。

このことは何を意味しているかと言えば、その根底には「生存」や「安定」、「幸福」と言う事実が「人間」が生まれる以前から生命の歴史の中をとうとうと流れている事を意味していないだろうか。

人間の構造は繊細かつ高度な機構を持っている。

しかしこうして高度な機構を持っていることが、その生存を保障する要因の全てでは無く、その時代の社会や環境に適応していかなければやはり生きていけない。

それゆえ生命の流れは、人間が生まれた時既に持っている機能に社会環境を適応させて、その脳を構成させる仕組みを人間に与えたのではないか・・・。

それが人間の「最初から決定されている部分が少ない」事の本質なのではないだろうか。

我々はもしかしたら自身が生まれる遥か以前から、生命の歴史によって最大限の祝福を受け、あらん限りの贈り物を両手に抱えて、生まれて来ているのかも知れない・・・。

これから生まれて来るあらゆる生命に私も祝福を送ろう・・・・・、

ようこそ地球へ・・・。

 

 

 

 

 

T・asada
このブログの記事は「夏未夕 漆綾」第二席下地職人「浅田 正」 (表示名T・asada)が執筆しております。

8件のコメント

  1. 「命への祝福」

    臨界期を余り意識していない方が多いようだが、使おうが使うまいが、時機を逸すれば、それは不能化する~~♪
    自分は関係ないが、銀行の預金も、死んだら意味は無い(笑い)

    ダウン症の出現率は、類人猿にもあるが、人類平均で概ね1/800と言う事であるが、20歳の妊娠なら1/1600程度、40歳の妊娠なら1/100程度らしい。美魔女の意味が、変化しそうな確率の変化。
    現代人は知識が増えたが、知恵が価値を失った(笑い)

    1. ハシビロコウさま、有り難うございます。

      おそらく宮沢賢治などがそうだったのではないかと思いますが、理不尽に対する考え方、これをどう評価するかと言う過程で、生命に対する尊厳、その公平性が理不尽に拠って賄われている部分が理解できないと、命に対する考え方は散漫になって来てしまうかも知れません。
      振り返っておよその宗教は人間の為のものであって、その他に付いては犠牲もやむない、或いは犠牲は当然と言う事になります。
      ですから弱肉強食の原理は、ある意味一番優しいしい、正直と言う事になります。
      これが解って初めて、今この瞬間一緒に生きていられる者たちに対して、素晴らしい事で有る、奇跡にも似た瞬間を生きている喜びと言うものが解るのかも知れません。
      絆や優しさではきっと理解する事は難しいでしょうね・・・。

      コメント、有り難うございました。

  2. 「国家安全保障の危機」

    ヒトの本能が、狩猟採集民などの様に、余り衰えていない民族は、学校なぞに行かなくとも、その民族として、その人生を、その環境の中で、それなりに過ごすことが出来るが、現代人は、生存のための本能が、社会や教育から疎外されて、知識も付かず、本能も発達せず、危ういことに成っているかもしれないが、少なくともある程度の割合で、社会や民族を生存させるための人々は残っていると期待するが・・・
    自国の領土が、明らかに事故か故意かは兎も角、新規に侵されていることが露見すれば、その任にある組織の長が、例えば、国防大臣が、攻撃命令を発すれば、撃退するための行動は起こせるだろう。
    これは本能の生き延びると言う事と同じであるが、法制上か国民の信頼・同意の不足からかからは、即断できないが、有効に作用しなかったり、過剰に作用したりして、気づいた時には(笑い)、世界大戦になっていた、と言うWWIのような事が、起きるかもしれない。
    空想と現実は出来る範囲で(笑い)区別すべし。努々、油断せざるべからず~~♪

    1. ハシビロコウさま、有り難うございます。

      今回コロナウィルスのパンデミックで、世界各国は本当に必要なものが何だったのかを少し理解したのではないかと思います。
      人間にとって一番必要なものは食料なのですが、日本人はこの意識が本当に甘い。
      長い間飢えた事が無いから、飢えと言うものの恐ろしさを知らない。
      食べて行く事がギリギリな状態の時、既に他のものは切り捨てられていますから、本当の絶望と言うものを知る事になります。
      日本は遠からずそんな日を迎えると思います。
      今般のウィルス騒動で、できない保証までやってしまった付けは税金でしか回収する事ができません。
      そしてそれを回収しようと思った頃には、日本の民衆はあらゆる財を失っているかも知れない。
      その上に災害が訪れた時、本当の日本の力が試されると思います。
      多分崩壊でしょうが・・・。

      コメント、有り難うございました。

  3. 「エンゲルの眠り」

    今般の武漢型肺炎~テドロスパンデミック(笑い)では、エンゲル係数が上がったらしい、絵にかいたような国民の消費動向~~♪
    自分の所は、食の消費金額は上がらなかったが、その他の出費がより、減った分、エンゲル係数は上がったが、消費全体としては、可なり下がった。

    自動車は無くても生きていけるが、食い物が一か月無ければ、大抵の人は死ぬ、と言う事を忘れて、金が有れば、食料は調達できる、と言う幻想は止めた方が良い。相対的に安価な食料が輸入で来ているのは、「平和」の為せる業で有り、本来は、地産地消に近くなければ、極めて危うい物であろう。
    エンゲル係数を考える時、「ストレス計数」も今後は、合わせて考えた方が良い。
    自動車が、壊れて動かなくなれば、それを回復するのに、色んなストレスが有るが、実は、食料が無くなれば、それどころじゃない。逆を考えれば直ぐ分かる。自動車は絶好調だが、スーパーには、食品が売っていない。
    マスクであんな大騒動だったのに、食料が二か月も無くなって、次の生産・入荷が見えない、ってアホな評論家は何も言わなかったが、食料が無くなる事は、無いと思い込んでいたのだろうけれど、二重にアホだ~~♪

    1. ハシビロコウさま、有り難うございます。

      この話は隠れたエンゲル係数の高さを記事にしたものですが、自分へのご褒美で飲みに出かけ、そこで食べたくないものまで消費し、次いで痩せる為にサプリメントを呑んでいれば、この範囲までエンゲル係数に加わってくる事を考えない民衆は、現実のエンゲル係数を知ったら青くなるのではないでしょうか。
      実にあほらしい話では有りますが、他の大きな夢や希望を失うと、食と言う小さな希望に集中してしまう。
      それゆえ貧しい時代ほど食文化は花開く訳です。
      江戸時代、元禄以降の食糧難の時代に、今日の寿司や刺身が流行してくる。
      丁度暇になったら博打が流行り、酒の消費が増えるのと同じ原理です。
      ですから食文化やグルメなどは、自国が豊かになったのではなく、貧しくなっている事を自覚するべきだと、私は思っている訳です。

      コメント、有り難うございました。

  4. 「並列分散処理システム」

    今AIと言うものが大流行で、スマー〇スピーカーの宣伝をよく目にするが・・電気を点けたり消したり、ラジオを点けたり消したり、中には外出先から、飼猫が何をしているから、見える、何ていうものまであるが、そんなのにお金を払う奴の気が知れない。ナマケモノ奨励装置。

    脳の一部が壊れて、視覚から入った情報では、脳内の記憶を呼び戻したり、認識したりできないが、聴覚経由では、同じことが出来る、と言う事が発生することが有るらしい。それで、見舞いに来た父親は認識できないが、電話を貰うと認識できる、と言う事が発生するらしい。
    その他不思議な事が沢山あるが、目や耳や通常で言う脳の機能が低い、とか言う問題でも、実は「健常」者のやり方では、そう言う方々の認識は良く理解されていないまま、長い期間が経っているが、そのそれぞれの状況に合わせて、現在つぁような試みがなされているらしく、意思の疎通の新しい方法も、少しずつ可能になって来ているらしい、と言う事はそういう方々の福利の向上に役立つかもしれない。この世に生まれ出て、「薄暗い」状況でベッドの一生を終わるのは、悲しいじゃないか、と思って居るが、もしかしたら逆かも知れないと恐れても居る。

    1. ハシビロコウさま、有り難うございます。

      並列分散処理と自律分散処理は逆の概念ですが、見方を変えると同じものと言う事もできるかも知れません。
      そしてこうしたシステムは物理的原則のようなものですから、人体の構造や社会システムでも全く同じものが出てきます。
      中でも並列分散処理の概念は大変面白い構造でして、コンピューターの処理システムでは自律分散処理の概念より多く利用されているかも知れません。
      またこんな考えたの延長線上には禅の思想と似たものが出てくる事になります。
      禅の始まり、仏教の始まりはおそらく目の前の現実だっただろうと思います。
      それゆえ全く古代易と同じ概念が出てくるのですが、こうしたものが先に在って、仏教や禅の思想が出てきたのかも知れませんね。
      結構思想ではなく、物理的現実から始まっていると考えるなら、古代の人は如何に現実を良くを見ていたかと言う事になり、現代に近づくに従って現実を見ないようになってきていると言えるのではないでしょうか。

      今朝、叔父さんが亡くなりましたので、明日から暫く金沢へ行く事になります。
      5月27日には戻れると思いますが、暫く留守にします。

      コメント、有り難うございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください