「表情の修正」・Ⅰ

例えばエレベーターで、必死の思いでもうすぐ閉じようとしていたエレベータに追いつき、さて自分が乗った瞬間、総重量オーバーのブザーが鳴った場合、このときは例え体重45kgの女性で有っても、どこかでは深く傷つくことになるが、もっと気まずいのは周囲に対するリアクションである。

本当のところはエレベーターに乗っている人が何を考えているかと言えば、早くその最後の一人が出て行って、エレベーターが動くことを考えているのだが、こうした場面は状況が違えば誰にでも同じことが有り得る状況から、その最後の一人が行うリアクションまでセットになって、他の乗客は少し先の未来展開を予想している。

そしてその予想される未来展開の第一は、「笑い」であり、ここで最後の乗客、この場合は若い女性だったとしようか、彼女が苦笑いして「最近太ったのかな」と誰に言うでもなく言ってエレベーターを出れば、既に先に乗っていた客と女性の間には、ある種の共通した感覚上での相互理解が発生し、「運が悪かった」と皆が納得する事になるのである。

元々エレベーターで総重量制限のブザーが鳴ったことに対して誰に罪が有るのでも無く、また最後の乗客にも非があるわけではないのだが、この若い女性がここでリアクションを間違えれば、本当は他人がそこまで思わないようなところにまで、自分で想像的に追い込んでしまい、傷を広げることになる。

人間はこうしたことが良く分かっているからこそ、そこに「体裁」と言うものが発生し、その「体裁」とは一見他人に対して為されているように見えながら、現実には自分のために為されている。

それゆえエレベーターで総重量制限のブザーが鳴ったとしても、黙って出て行っても笑って出て行っても、それは現実に何の変化ももたらさないが、日本人がここで苦笑いする民族的行動本能の根底には「自己保身」が生きているのであり、こうした笑いによる表情のコントロールを「修正法」(modification )と言い、同じ民族で同じ状況下に措いて、同じリアクションが為されることによって、そこに発生したある種の感情的起伏は緩和され、また言葉にはない薄いコミュニケーション、「安心感」が発生するのである。

そして予想される未来展開第二、「修正法」をリアクションした女性は大変素直で性格も優しく、他人に対する配慮も、自己顕示欲の度合いも程ほどに良い女性だが、これが少しプライドが高い女性になると、どうなるか。

「何よ、このエレベーター故障してるんじゃない」

顔を少し険しくしたスーツ姿の女は、プンプン怒りながらエレベーターを出て行くことになるが、これを「偽装法」(falsification )と言う。

本当はエレベータでブザーが鳴ったくらいでそこまで頭にくることはないのだが、やはりここでも「体裁」が付かないため、感じた以上の表情を作ることで、本来の感情を人に悟れまいとするのである。

第一の「修正法」は少し腹立たしい気持ちの上に、「笑い」を乗せることで自分の感情を保護したが、今度は少し腹立たしい感情に、より大きな「怒り」の感情を乗せることで、もともとの小さな腹ただしい気持ちをカバーしようと言うものだ。

同じことは例えば葬儀に措いてでも、本当はそれほど悲しい訳でもないのに、極端に悲しい顔をし、また時には自己暗示から涙を流す場合もこれと同じことが言え、こうした傾向が強まっていった場合、若しくは職業的に妥協を許されない状況のとき、人間は「無表情」になっていくものでもある。

前出の例で言えば、エレベーターのブザーを鳴らしたのが、極端に自己顕示欲の強い人間の場合は、「無かったこと」のようにして黙って行ってしまうのであり、同じようにこれがデパート女性店員の場合だと、軽く会釈をして、黙ってエレベーターから降りるのが正しくなる。

このように極端な自己顕示欲と、全く自己顕示欲の無い職業的リアクションには、ある種の共通的な傾向があり、こうしたことから考えられることは、極端に具合の悪い人間の行動と、洗練され、研究された人間の行動は、前者がその具合の悪さから来る不安感によって、後者はその職業的正直さによって、同じような行動になる場合があると言う事だ。

「表情の修正」・Ⅱに続く

T・asada
このブログの記事は「夏未夕 漆綾」第二席下地職人「浅田 正」 (表示名T・asada)が執筆しております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください