「礼節をして世を開く」

一方ネット社会によって到来した情報の即時配信傾向は情報の質を低下させ、一つ一つの情報が民衆に及ぼす影響期間を著しく短くした。
.
これによって情報が流れる速度は1980年代とは比較にならないほど加速が付いているのであり、その溢れる速度の速い情報の中で人々は情報を精査する時間を失い、唯見出しだけを見てそれを判断し、世界全体が一種の統合失調症状態に陥っている。
.
人の脳の情報処理システムはその瞬間に関心の有る事柄を集中的に集め、これによって感情の高揚がある。

.

感動的な場面で感動するのはその場面のみによって感動しているのではなく、その瞬間に過去のあらゆる感動的な部分を加えて感動に厚みが出ている訳であり、この原理は怒りや憎しみもまた同じだ。
.
つまり人間は感動したくて感動しているのであり、恨みたくて恨み、怒りたくて怒っていると言う部分を持っているのだが、その瞬間に見出しのような情報によって軽率な感情に引っかかると、あらゆる情報の中からそれを増幅する情報のみをピックアップして感情を増幅させてしまい、そこへ更に多くの同じような情報を集めてショートを起こす。
.
ここに理論や理性を失った感情に支配された理論が展開される事になり、中国、韓国と日本の情報による対立の原因はこれに有るが、言葉の中で一番恐ろしく強硬な言葉とは「沈黙」と言うものだ。
.
元々言葉とは自身を現す事が本旨だったが、こうした情報社会の中の言葉は「他の反応を量る」事に重点が置かれるようになってしまい、為に自身の意思ではなく他人の言葉が気になるが故の言葉になってしまっていて、この傾向の中で一番効力のある言語は反応が無い状態を指すのである。
.
言葉は鏡で有り、発せられた言語に対して反応が無ければ、そこに言葉を発したものは自身が写った鏡を見るに等しくなる。
.
言わば自身が発した言葉が自身に帰ってくる事になり、ここに恐怖は増幅され、中途半端に反発された言葉以上の潜在的な恐ろしさを感じる事になる。
.
人間の歴史を見てみれば解るように、言葉や力で人を完全に支配したり屈服させる事は出来ない。
.
言葉で「解りました」と言っても、それが本当に「同意」している事など有り得ず、力を恐れ逆らわないとしても、それが心底相手を肯定しているとは限らず、むしろ強い恨みを抱いているやも知れぬものだ。
.
真に相手を屈服させる事は「信」を得る以外に道が無く、この「信」は唯逆らわなければ得られるものに非ず、相手に対して唯逆らわない事をして「信」を得たと思う者の「信」は必ず裏切られる。
.
日本は中国や韓国、北朝鮮にしても武力ではおそらく勝てまい・・・。
.
それゆえその勝てないもので今虚勢を張っても自分が堕ちていくだけになり、日本が持つ力とは何かを考えるなら、それはひとえに「礼節」に尽きる。
.
その礼節によって裏打ちされた正確で人に優しい物作り、言い換えれば「経済」によってなら世界と戦うことが出来る。
.
軍事力など3つの方向の一つにしか過ぎず、しかもこれは孫氏が曰くのように、最低の勝ち方だ。
.
力の無い者ほど、傲慢で愚かな者ほど吠える犬の如くであり、日本は統合失調症傾向に有る世界に有って、そこで次の秩序を目指そうとするなら、自身が最も強い部分で戦う事だ。
.
経済の根幹を為す「礼節」、これほど脆くて不安定なものは無いが、罪を人が決めるのでは無く、自身が罪を悟る事の出来る社会こそが最も強力な国家と言うものである。
.
軽率な見出し情報によって感情的になった言葉になど反応する価値は無く、これに対して沈黙を持って答え、そこに費やされる労力を自国の蓄えに向かわせ、やがて来る災害に備える事だ。
.
そして相手の非礼に対しても礼節を尽くし、何を言われたとしても言葉だけでは何も失うものなど無く、この姿をして日本は国際社会の「信」を得、韓国や中国、北朝鮮の内政に対してダメージを与えることが出来るが、決して人民を憎んではならない。
.
今は対立してしまう関係だが、その心底にはいつか共に笑って話せる日が来る事を信じていなければ、そもそも始めから平和や友好的な関係など有り得ない。
これからの日本は大変な状況を迎えるだろう。
.
もしかしたら今の時点では極東アジアで最も崩壊の危険性の高い国家かも知れず、それは自然災害と放射能汚染によって、更には現状維持しか考えない高齢社会と、それに迎合する政治によって増幅されるに違いないが、自分が傷ついても相手の傷がより深ければ、自分の方が早く回復して勝つことが出来る。
.
心底に平和を望み乍、その現実には平和など無い事を覚悟する。
.
「平時に在って乱に備え、乱に在っては平時を思う」
.
中国は共産党革命によって4000年の英知を失ってしまっているが、奇しくも日本にはそれが残っていた。
.
まるで第二次世界大戦前の日本海軍が東郷平八郎の海戦を失い、それを敵のチェスター・ニミッツが継承してしていて、日本軍に勝利した事と同じかも知れない。
.
世界は今、日本の政治と同じように調整機能が本旨で有るにも拘らず、政治そのものが混乱を発生させるに至っている。
この中で権力とそれを担保するものを得ようとするなら、権威の根拠である「信」以外に他は無く、この「信」は礼節によって生じる。
.
そして日本は「礼節」の国なのである。
.
本文をして皆さんのご意見に対し、全て回答させて頂いたものと思います。
[本文は2013年8月23日、Yahooブログに掲載した記事を再掲載しています]
T・asada
このブログの記事は「夏未夕 漆綾」第二席下地職人「浅田 正」 (表示名T・asada)が執筆しております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください