「混沌の速度」

静かな部屋でエアコンのスイッチを入れ、冷たいビールを飲んだとしようか、実はこの瞬間にも「混沌」は発生し始める。 少し前の「濃度の逆べき分布」で出てきた「ローレンツ・アトラクタ理論」では、物体が3つ存在するところには既に混...

「地震予知」

最大余震の発生は本震発生の一ヶ月以内が最も多いが、その地震エネルギーの質、例えば震源が深い場合など、最大余震は2年後に発生する確率も高くなっていて、余震と見られた地震の方が規模が大きくなる場合すら有り得る。 東日本地震(...

「千葉県北西部地震に関して」

気象庁の緊急地震速報の計測モジュール、エンジンは改良されて来てはいるが、原則範囲測定方式であり、どれくらいの範囲に振動が伝播したかに拠って、地震の大きさを判定する方式となっている。 揺れの大きさを現す単位の震度とは、やは...

「珠洲市震源地震に関して」続報

前回、2021年7月22日の事例として、奥能登ではケヤキや柿、桜、スモモなどの広葉樹が春に新芽を付けながら、夏にもう一度新芽を付ける現象が広範囲に観測された事を記録させて頂いたが、この現象はその後も収束するには至らず、2...

「珠洲市震源地震に関して」

「能登半島珠洲市で頻発している小規模地震に付いて」 1990年の損害保険各社マニュアル、この中で能登半島の災害保険料率を見てみると、その危険度は非常に低いものとなっていた。 実は能登半島を震源とする震度5以上の地震は、記...