「チェスター・ニミッツ」・Ⅲ

1909年潜水艦「ブランジャー」艦長に就任したニミッツは、その後長い間潜水艦勤務が続くが、テキサス生まれの闘志と忍耐力を持った彼にとっては、こうした潜水艦勤務は決して肌に合わないと言うものではなかったに違いない。 一見し...

「チェスター・ニミッツ」・Ⅱ

ミニッツが司令長官としてハワイに立った時、彼に与えられていた軍からの作戦は、日本軍が攻めてきたら応戦しなければならないが、そうでない場合はこちらから攻めるな、と言う中途半端なものであり、友や尊敬する者を失ったアメリカ軍将...

「チェスター・ニミッツ」・Ⅰ

1941年(昭和16年)12月8日、この日、日本軍の「真珠湾奇襲作戦」の報を聞いたイギリス首相「ウィンストン・チャーチル」は、周囲に「これで我々はこの戦争に勝利した」と語った。 また当時のアメリカ合衆国大統領「フランクリ...

「終戦詔書」

「詔   書」 朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク 朕ハ帝國政府ヲシテ米英支蘇四國ニ對シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ 抑々帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ萬邦共...

「国防の現実」・Ⅱ

1960年の日米安全保障条約改定時、当時の内閣総理大臣「岸信介」と、「ハーター」アメリカ国務長官との間で交わされた公文書には、陸軍1個師団以上のアメリカ兵の配備変更、中長距離ミサイルの持ち込み、日本から行われる戦闘作戦行...