第二章「ポツダム宣言の拘束」

第二次世界大戦では1945年5月7日、ドイツが無条件降伏をした時点で、世界の注目は日本に集まっていた。 そしてそれはアメリカが勝つか、日本が勝つかの問題ではなく、もはや日本がどうしてこの戦争の収拾をはかるか、つまりどう言...

第二章「正義の基準」

そしてパレスチナでは現在国家としての要件である「政府」(Government)が存在しない状態となっている。 国際法上認められた、つまりアメリカとイスラエルが認める「ファタハ」と言うパレスチナ穏健派組織は、既にパレスチナ...

「戦争と平和」

平和と言う言葉は戦争と言う状態に対して、その対語として存在するもので、人間はこれを明確に概念として頭の中に描くことは出来ず、これをして言うなら戦争と言う現実は存在しても、平和と言う現実は戦争ではない状態としか表現できない...