「常温核融合」

一般的に「核融合」と言えば、高密度、高温高圧条件下に措いて原子核と原子核をぶつける、いわゆる「熱核融合」のことを指すが、この核反応からエネルギーを取り出そうとする必要性から「核融合炉」が生まれ、現代物理学の歴史と、第二次...

「消滅曲線」

この宇宙が創造されるとき、今の法則や秩序に確定したのは必然ではなかった可能性が高い。 ちょうど幾つもの無限に存在する丸い型の上に、金属の丸い球が一つ落ちてきて、その型のどれかにすっぽりはまってしまったようなもので、おそら...

「ハイゼンベルグの理論」

ある国にどんな盾も突き刺すことが出来ると言ってヤリ(矛)を売っていた男がいたが、この男盾を売る時は「この盾はどんなヤリ(矛)も通さない」と言っていた。 そこで客の一人が「そのヤリ(矛)でその盾を突いたらどうなるんだ」と尋...

「放射線」

放射線被爆に拠る人体の影響に付いては、過去、一定の線量以下で有れば被爆しても安全だとする考え方が長く迷信的に信じられてきたが、こうした考え方を一定の数値を超えなければ影響が出ない「しきい値仮説」と言い、この一方で安全とさ...

「1000円札」

物質は一般的に「化学統合」の形式でエネルギーを保存している。 つまりその瞬間ごとに他と反応しながら存在する事から、そのエネルギーの絶対値がどれだけで有るかは決定することができない。 物質の持つエネルギーは「自己」と「他」...