「曖昧な境界」・Ⅱ

生物の生殖活動が常に「拡大」にあるのは、自然の在り様が常にそれを拒む状態にあると言うことで、ここで危険がなくなり生命存続の確率が高くなると、それに比例して生物の生殖活動は低下していく。 結婚の概念に関しても、産業革命によ...

「曖昧な境界」・Ⅰ

人間はその存在の中に、常に現状を守ろうとする部分と、その現状を壊そうとする部分の2つの相反したものを抱えながら生きている。 そして現状を維持しようとする性が女なら、その現状を壊そうとする性は男だが、人間は生まれる始めから...

「命への祝福」

脳に措ける神経細胞の伸び方は「雷」に似ているが、雷は厳密には上から伸びる電気と、僅かに下から迎える電気があり、これが連結して落雷となる。 しかしこの雷のシステムには明確な因果律が認められず、どこへ落雷となるかは地面からも...

「RNA1本鎖ウィルスと生物」・解説

日本国憲法のように戒厳令法が存在しないケースでの非常事態宣言は強制力がない。 その為、民衆は海外の戒厳令法下の強制力を伴った非常事態宣言を仮想する為、宣言が施行された直後は一定の権威を保てるが、暫くすると、何の効力もない...