「狭義の平等」

平等と言うものは、その反対の状態に在る者によって意識される。   今現在恩恵の中に在る者はこれを意識しない為、現実的解決を図ろうとするが、恩恵の少ない者が唱えるものは手続きや精神論となる。   そして...

「レトロプログラム」

「BSE](狂牛病)の発端は、人類の食人習慣から発生したウィルスがヤギへの感染能力を獲得し、そこから牛への感染機能を得たものと言う説が有り、発見当初は人体への感染は無いと考えられていたが、人体感染能力は限りなく疑われると...

「Never give up」

相対性理論が発表された時、この理論を理解できる者は世界で8人くらいしかいないと言われ、その8人の中に理論の発表者であるアインシュタインは入っていなかった。 彼は理論の構築者であり、計算などは知り合いの数学者に頼んでいた為...

「消失する炎」Ⅱ

ただ癌治療に措いて、特にステージが進行している方については、近代医学、薬学療法は間違いなくそこに「完治」が目指されていないことから、症状の緩和、延命と言う療法であり、ここではいずれかの時点の「死」が想定されることを鑑みる...

「消失する炎」Ⅰ

山火事の鎮火について、例えば長い間乾燥した期間が続き、燃えやすくなっている状態では火事は中々消えないが、こうした状態で時々突然火事が自然鎮火していくケースが存在する。 また「空気感染」と言う絶対的な感染経路を持つウィルス...