童話「サラの不思議な大冒険」

「今」と言う文字の概念は「傘」と「一」に始まりが有って、「集」の意味を持ち、「集」とは現在の状況のみを指してはいない。 遠く過去から用意されてこの時に及んでいると考えられてきた。 「今」とは常に過去から準備され、用意され...

「日本人の価値観」・2

だがしかし、一方で全く大衆には別世界の工芸や伝統の世界の価値基準を判断することは、個々の単位では難しいと皆が思うことから、このような不完全な制度でもそれを頼るしかない現状もまた存在し、こうした人間国宝や芸術院会員は、例え...

「日本人の価値観」・1

初めて織田信長の下にひれ伏した松永久秀(まつなが・ひさひで)は、その臣下の礼を示すため、信長に当時日本最高の名物とうたわれた「九十九髪茄子」を献上するが、これは信長が松永弾正に是非とも献上せよと要求していたものでもあった...

「バロック音楽の系譜」・2

そして1973年、何と突然このバロック音楽の、しかもバッハの部分を受け継いだ音楽が登場する。 それが映画「エクソシスト」のテーマ曲となった「チューブラベルズ」だが、これは楽器のことで、連想するものとしてはNHK「のど自慢...

「バロック音楽の系譜」・1

バロックと言う区分を音楽的様式として概念したのはドイツだが、その言葉自体は英語、フランス語圏でも発達していった。 しかし初期バロックはそれまでの古典音楽に対してある種の反動として発生したものであり、こうした流れそのものは...