「コミュニケーションと言語」・2

更にこれは特殊な例だが、王室や貴族、またはナイトの称号を持つものに対する挨拶は、何か特段差別があるのではなく、その伝統に対して、またその国の国民が大切にしている文化に対して敬意を表す為に必要だと私は思うが、この場合の挨拶...

「コミュニケーションと言語」・1

一般にコミュニケーションの観点からすれば、言語と語彙的肉体表現(ジェスチャーや表情、しぐさ)では語彙的肉体表現の方が容易になる。 特定の行動や表情に意味を持ったものを語彙的肉体表現と言うが、言語の場合は例えば英語を知らな...

「キラー言語」・2

だがやはり言語とは面白いものだ、こうしてフランスなどがキラー言語から守ろうとしている自国言語、しかしキラー言語と言う広域コミュニケーション言語は、こうした世界各地のコミュニケーションを円滑化し、そこから世界各国に「理解」...

「キラー言語」・1

おかしなものだが、言葉と言うのはその言葉に発しないところに本心があるものだ。 すなわち自身において既に決定しているもの、また相手がいる場合も相互に理解がなされているものは言葉にする必要がない、つまり言葉とは未熟な状態に対...

「おじにん」

極端に古い言語や口語体はそれを学術的に研究したり、或いは文化的価値観から研究保存しようと言う試みが為されるが、例えば日本古来の「和歌」や「短歌」、中国の「漢詩」などは時代を経ても残っていくが、一般庶民が日常使っている言語...