「分裂統合症候群」

Aと言う人と話している時、Bと言う人と話している時、更にはAとBに自分を加えた3人で話している時の自分は必ずしも一致したものではない。 Aには話せてもBには話せない事も有り、AとBが同時に目の前にいる場合、自身の態度は3...

「時間並行情報処理」〈デジャヴ〉

一度も会ったことが無いのに何故かこの人には以前会った確かな記憶がある 初めて来た場所なのにこの景色は前に見たことが有る。 或いは今朝配達された新聞記事の内容と全く同じものを既に自分は知っていた、しかもそれはいつどこでとは...

「並列分散処理」

「大」(だい)と言う字と「犬」(いぬ)と言う字は大変良く似ているが、人間が文字を用いる場合、これを誤認する事は少ない。 では何故人間の脳は「大」と「犬」を間違える事が少ないのかと言えば、この文字の周囲がこれを誤認させない...

「視覚の彙性」

蒸し暑い夏の日、涼しい風が通る縁側で、素麺などを喉に流し込むのは至福の時と言うものだが、近年流行の観光地の流し素麺などはどうも頂けない。 沢山の人が流れてくる素麺を狙うあの殺気だった人間模様と言うか、食いがつれ感が疲れる...

「視覚情報と記憶」

例えば春、菜の花の咲く河原辺を歩く男女二人の中学生がいたとしようか・・・。 卒業式を明日に迎え、互いにもうすぐ訪れるであろう新たなる船出と、それに伴う別れに際し、思いのたけを一言伝えんと思うも、意識すればするほど赤面し、...