「四面楚歌」

  力拔山兮 氣蓋世 時不利兮 騅不逝 騅不逝兮 可奈何 虞兮虞兮 奈若何 四面楚歌と言うと、一般に周囲を敵に囲まれ身動きが取れなくなった事を指すが、私はこの「四面楚歌」と言う言葉の響きがとても好きだ。 「前漢...

「夢で神が・・・・」

円はどれだけ大きさが違っても形は同じとなる。 これを「相似」(そうじ)形と言うが、円に措けるその周囲の長さと、直径の比率には常に一定の法則がある。 この一定の比率法則を「円周率」と言い、通常は「π」で表されるが、円に関し...

「案山子の神様」

日本神話の中で「大国主命」(おおくにぬしのみこと)が出てくる出雲神話の一節に、案山子(かかし)の神様が出てくる場面がある。 そして昔から案山子は「知恵」の象徴とされ、案山子の神もまた「知恵」「知識」の神様として信仰を集め...

「火刑と火葬」

中世ヨーロッパ、互いに王権が勢力を持ってきたイギリスとフランス、この両国の発展はやがて激突へと繋がっていく、百年戦争(1337~1453)の勃発である。 この戦争の末期、フランス王チャールズ7世はその要衝オルレアンをイギ...

「人間の知覚可能範囲」

サイコロをふって1が出る確率は常に6分の1だが、この確率の分布は均等ではない。 1が連続して3回出るときも、場合に拠っては10回連続して出る事すら有る。 我々が見ている秩序は、実は一番出現する回数が多い、或いはそれを希望...