「雇用の一線」

昭和50年(1975年)には販売も含めると、毎年70名前後の新規就業者が存在した輪島塗の世界だが、これが10年後には半減し、更に10年後の1995年には輪島塗関係の求人がほぼ0になってしまっていた。

しかし一方でバブル経済が崩壊した日本の社会では、それまでの金融システムの崩壊から価値観の迷走が発生し、職人の世界に憧れる傾向が出てくる事になり、この傾向は特に首都圏近郊の若い女性に多かった。

「何か確かなもの」を求めていたのかも知れないが、1995年前後には輪島塗関係の求人が全く無いにも関わらず、石川県外の弟子修業希望者が増大する事になる。

そしてこうした環境の中で発生した状況が雇用の逆流と言うものだった。

つまりは「どうしても輪島塗の職人になりたいから、給料無しでも修行させてください」と言う者が発生して来たのであり、この環境は輪島塗の親方の感覚を蝕(むしば)んで行った。

「自分は善意で教えてやっている」と言う形が蔓延してきたので有り、ここでは徒弟制度が本来持っている「若年者を育てる」感覚が失われ、親方はその責任を放棄し乍只の労働益を得るようになり、しかもこの状態が当たり前になってしまったのである。

賃金の支払いの無い雇用主は基本的に権威が無いものだが、ここで親方が権威を維持する方法が必要以上の自己価値の広言だった訳である。

すなわち輪島塗は素晴らしいものなんだ、その輪島塗でも家(自分)がやっている輪島塗こそ最高なんだ、と言う言い方が出てくるのであり、ここからまた更に景気が悪くなって売り上げが落ちるとどうなるかと言うと、環境が厳しい程、困難な程価値が有るとする価値反転性の競合が始まる訳である。

一種のカルトだが、厳しい程、苦しい程その道が崇高になって行く事になり、この中で肥太った親方と痩せた若い女性の弟子の組み合わせが、あちこちで見られるようになって行き、こうした親方の在り様は権威を担保するものとして、更に既存の小さな権威にすがって行く傾向を生じせしめ、嫌が上でも実質の伴わない伝統権威の株を押し上げて行った。

またこうした既存権威を得にくい親方などは「婦人画報」などを始めとする雑誌や報道の権威を頼るようになり、為に実際は周落に有ったマスメディアも権威が上がってくるが、これなどはまさに価値反転性の競合そのものだったと言える。

ちなみに雇用制度の法体系の中では、賃金を支払わなければ労災保険の加入規定から外れる事になるので、弟子を只で雇用している親方には労災保険の加入義務が免責されるが、只では可愛そうだと思って僅かでも賃金を支払うと、それに対して法的根拠を持った労災加入義務が発生してきて、労災に加入義務が発生すると、当時の職業安定所から失業保険の加入促進が始まり、最終的には最低賃金を払うか雇用を断念するかと言う形になった。

おかしな話だが、若い労働力を只で雇用している者には労災加入義務が無く、善意で少しでもと思って僅かな金銭でも支払うと、それによって雇用継続が困難な状況が発生したのであり、細かい法はグレーゾーンにいる者まで闇に突き落とす事になる、今日の日本の在り様は1995年にはもう始まっていたのである。

 

「f分の1で息を吐く」

肺の容積の85%を占め、成人一人当たりの総表面積が100平方メートルにも達する「肺胞」の機能は、静止している状態ではない事から、常に微弱な収縮と拡大を繰り返しているが、平均値は存在し、従ってこの平均値を最も安定した状態とするなら、周囲器官、気圧などにより平均値まで収縮へ向かう方が、拡大に向かう時よりエネルギーの消費が小さい。

この事から人間の呼吸は吸っている時の方が吐いている時より多くのエネルギーを要する為、息を吸っている状態の時に微弱な振動を起こし、呼吸を止めた場合も同等のエネルギーが必要になる為、結果として細密な作業をしている時の人間の呼吸は、ゆっくり弱く呼吸を吐いている状態になっているが、これは太極拳の要諦にも同じである。

つまり昔から細密な作業時には「息を殺して」とか「息を止めて」と言う事が言われていたが、これはまだ余裕が有る状態の事を言い、更にここ一番の集中が求められた時の人間の呼吸は「f分の1のゆらぎ」で有り、これは水が流れる音、英語のアルファベット中に存在する特定の文字出現確率に同じものと言う事が出来る。

生物の運動は基本的に回転運動の組み合わせで有る事から、これがどんなに複雑になろうと回転運動の基本原則から逃れられず、人間の場合の手の動きでも初めと終わりには力が入り、これによって例えば物を置く最初の瞬間とそれを離す瞬簡に、僅かだが置こうとした物をずらしてしまう事になる。

書の場合筆が紙に入る瞬間と、筆が紙を離れる瞬間に「迷い」が出るのはこの為で有り、これは紙と言う平面で有ればこそ「迷い」だが、その本質は「深さ」、「段差」である。

この状態で初めの段差を全く消滅せしむるには「流れ」、簡単に言うなら一本の必要する長さの線の1・5倍の長さから回転を合わせ線を引き、回転運動の最後は呼吸と組み合わせると緩和効果が出る。

つまり力が抜けた状態を利用して、筆が受ける振動を消す事が出来るのであり、この時に平均値まで吐く呼吸をしていればこれが可能となるものの、息を止めていれば筋肉の細かな微動が発生し、それは大まかには目に見えなくともシルエットに影響を及ぼす。

しかも人間は意識して呼吸を止める事は出来ても、意識して呼吸を吐くことは難しく、ここで無理に呼吸を吐くと、その事に気を取られて「震え」を生じせしめる事から、吐く呼吸は無意識に近い状態で為される事を要とし、ここで必要な事はあらゆる無駄を排したプラスマイナス0の状態が求められるのである。

従って全体の調和の中で体がその状態を作ってくれる環境と言うものが必要になる。

元々人間の体は神経伝達によって維持されていて、例えば好意を持つ異性に出会った時には、そうしなければと思わずとも心臓の鼓動が高鳴り、呼吸数が増えるのと同じように、その人間に危機的な状況が発生すると、それに体が連動してバックアップしてくれる仕組みなっている。

即ちその心が有れば体がそれを用意してくれるのであり、自分の最後にして最大の味方は自分の体なのだが、これに必要なことは「集中」で有り、極めた高い集中はあらゆる意味での分散に同じで、最もリラックスした状態のものと言う事が出来る。

頭から湯気を出してカチャカチャ音を出して仕事をしている姿は、一見一生懸命仕事をしているように見えるかも知れないが、本当に仕事を捗らせるなら余分な力を使わず音を立てる事も無く、一切の無駄を省いた動きとなる事が必要であり、この場合はまるで眠ったように静かに、しかも無表情で仕事が為されて行くものだ。

人間の口は意識や習慣が無いと微妙に開く構造になっていて、為に何かに夢中になっている時は少しだけ口が開き、ついでにまさにこの瞬間こそ呼吸を弱く吐いている。

それゆえ気が付かない間によだれを落としていたりするのだが、これがf分の1のゆらぎ呼吸の瞬間なのである。

多くを語る者の言葉は虚しいのと同じ様に、無駄な動きの多い仕事はその本質から遠く、忙しそうにしている人間の為している事とは「求められるところ」から遠いところを動いているものだ・・・。

 

「強度の危弱性」

 

「砥の粉」の産地で歴史が有るのは京都山科だが、元々砥の粉はこれを水で溶いて木材などの表面を拭くと、木材が白く見える、或いはその表面のきめが細かく見える事から建築などに利用される部分が多かった。

それゆえ大きな木造建築物が集まる周辺には砥の粉の産地が隣接していた経緯があり、また砥の粉は比較的日本各地に点在している資源でも有る。

この事から漆器生産に砥の粉が導入されて行ったのはごく自然な成り行きとも言え、漆器発生段階の早い時期から砥の粉はその下地材料として利用されてきた。

一般に漆器の強度はその塗膜の厚みと反比例の状態に有る。

つまり素地で有る木地から塗装膜外部表面までの距離が長くなればなるほど剥離確率が高くなるのであり、本体、躯体が木製で有れば基本的にこの表面硬度を越える強度や硬さは漆の完全乾燥と共に、常に温度や湿度によって微妙に動いている素地に引っ張られ、ここから亀裂が発生する可能性を増大させる。

この事から砥の粉が多く含まれる漆下地を用いる技法は剥離、若しくは角の欠損に対して強度が無い。

しかし砥の粉を多用した下地の利点はその研磨成形の容易さであり、シャープで鋭利な形状の角や繊細な装飾造形には適しており、この点で予めそれが使用者に理解され、強度よりも繊細さや美しさに重点が置かれた京都漆器の発展は、利用者が高貴な身分で有った事、民衆に美しさに対する理解が有った事が重要な背景と言える。

そして漆器と言えば塗る事だけを重要に考えるが、成形と言う観点から言えば「研磨成形」の重要性と、塗ることの重要性は車輪の両輪の関係にも等しく、それは日本刀などの刀を鍛える場合でも鍛治が刀を鍛えただけでは刀にならない、そこに研ぎ師がいて初めて日本刀となるのに同じである。

ゆえ、刀の研ぎ師を名乗った「本阿弥光悦」(ほんあみ・こうえつ)では無いが、漆器で究極を目指すなら、研ぎ研磨を征してもその半分を征する事になるのであり、漆器は多くの技術が集まった総合的なものである。

何か一つの技術が秀でていても、それは結局他の技術の支障にしかならないかも知れない。

漆は一点技術ではなく複合技術で有り、ここに木製の椀が有ってこれに強度を欲する時、一番最初に強度の強い生漆原液を塗ると良いように思うかも知れないが、生漆を何度も塗り重ね、その上から上塗りをする、つまり下から上まで全て液体の漆で仕上げる場合はこれでも良いが、途中の下地で砥の粉成分、或いはこれの加工下地粉末を混ぜたものを使用した場合は、密度の不均衡から剥離確率が高くなってしまう。

つまり生漆目止め加工は万能に強度を保障するものではなく、使い方を誤るとその事が漆器の強度全体を低下させる場合も出てくるのであり、堅牢さに気を取られ闇雲に力を求める事は、強靭な体を鍛えても心が脆ければ、その人間がやはり脆く弱い事にしかならないのに同じである。

「夏の器」

塗師屋(ぬしや)と言う組織には「筆頭職」(ひっとうしょく)と言う立場が有って、これは通常ならその塗師屋の一番弟子で、修行期間である年季明けが終わった者が、他の塗師屋でも働いて経験を積み年齢を得て、もとの塗師屋で指導的立場に有る、商家で言えば「番頭」の立場に有る者を言う。

だがもしその塗師屋が創業間も無い時は、暫定的にその家の一番弟子の年季明けが終わった時点で、事実上の筆頭職になる場合が有り、筆頭職は親方の次に権威を持っているが、高齢の筆頭だと時には若い親方の指導も兼務している重要職となる。

春3月、まだあちこちで雪が残り、細かく冷たい雨が降っている日だった。

年季明けが終わって間もない私は一番弟子だった事も有って、暫定筆頭職になっていたが、そこへ一人の、30代半ばくらいだろうか、ジャンパー姿の男性が訪ねてきた。

だがおそらくその男性は言語に障害が有ったのだろう、言葉は途切れ々々でしかも発音もしっかりしない。

そこで私は紙とマジックを持ってきて、それで筆談する事にしたのだが、彼は輪島塗の下地職人で、今現在解雇されて仕事が無くて困っている事、障害者である事を紙に書き、つたない発音で「何でもします、どうかここで雇ってください」と何度も何度も自分より年若い私に頭を下げるのだった。

オイルショックか何かでとても景気の悪い時だったやも知れぬが、さすがに人を雇う事に関しては親方の範囲である事から、彼を事務所に待たせて親方に相談に行ったところ、親方は自分が直々対応すると言って事務所まで来ると、「済まない、家も景気が悪くて今は人を雇えない、本当に済まない」と、その職人に頭を下げた。

藁にもすがらんばかりの職人は更に悲しそうな顔になり、そして来た時と同じようにつたない口調で「分かりました、ありがとうございました」と言い、また冷たい雨の中を去って行った。

現在漆芸技術研修所に入所する者の中には美術工芸大学を卒業後入所している者、又は漆器が好きで頑張っている者が多い。

そして若い人や、それを支援している塗師屋も頑張っている事や、やる気が有る人が評価されているのは、それはそれで悪い事では無い。

だが「夏の器を作りました・・・・」と言うお洒落なダイレクトメールなどが送られてくると、私は何故かあの冷たい雨が降る日の男性の事を思い出してしまう。

私は今もガックリ肩を落として去って行く、あの男性の後姿を見送りながら、親方と2人で「済まない」と謝り続けているのかも知れない・・・・。

 

 

「視覚認識数」

「Harvard University 」或いは日本で言うなら東京大学 でも良いが、その国家の最高学府の単位を取得した者が常に優秀であるとは限らない。国家の最高学府は一つの篩い(ふるい)に過ぎず、人間社会の一つの定規による個人の評価である。

一般生物の記憶形成に措ける仕組みでは、パーソナルコンピューターに例えるならアプリケーションが誕生時に形成されているものの、その後は周囲の社会環境を加味して誕生後急速に形成され、人間を始めとする生物は社会文明と言う仮想システムと、地球や自然と言った現実、それに宇宙が持つ自己相似性と、それが分布する逆べき分布の中に有って、従ってマクロ的には個人差は確かに存在するものの、基本的には同じ原理の中に有る。

輪島塗職人になる為の資格はかろうじてでも良いが名前を書ける事、そして数が何とか50まで読めれば、それで事は足りた。

これは徒弟制度の原初、事業者である「塗師屋」(ぬしや・漆器製造販売元)代表の親方が、雇用する個人の教育を含めて責任を持つからだったが、日本が昭和と言われる時代に持っていた「終身雇用」の概念はこれを背景とし、尚且つこの就寝雇用の精神基盤は武家制度が持つ「封建思想」に支えられていたものと言う事ができる。

すなわち輪島塗りのみならず、日本の徒弟制度はある種日本の雇用制度の精神的指針だった訳で、ここでは事業主体者である「親方」には封建制度の指導者に必要とされる「帝王学」と同じものが必要だった。

彼には人の指針となる素養が必要だった事になるが、こうした素養は大学などの学府で学べるものではなく、人間関係の実践に置いてしか身に付かない。

10代前半で名前すら書けない子供に文字を教え、人として生きていく術を教えていくと言う点では、これは古い時代の大工の棟梁も同じ事だが、「親方」は小規模な「学府」機能も持っていたと言う事になる。

数を認識する概念は数字によるものが最も一般的だが、輪島塗の世界では「容量測」と言う仕組みが存在した。

これは10代前半でしかも数が読めない子供が弟子として入門してくる事から、凡その数を容量で認識する方法であり、極めて位相幾何学的な部分を持っている。

特定の大きさの竹篭や木製の箱に入る椀などの数は、大体しっかり詰めれば同じような数しか入れることが出来ないが、弟子を指導する職人はこの籠に一杯椀が入っていれば、その椀は100個有る、この木の箱だと80個と言う具合に数字を名詞として、或いはラベルのような概念で教えていく。

そして数の読めない弟子は箱一杯の椀を80個と言う名詞に近い概念で認識し、やがてそれが数の概念の入り口になり、最終的には数が読めるようになって行ったが、そうして弟子に数を教えている職人もまた、「親方」から同じ方式で数を教えて貰っていたのである。

同様に椀や皿などを塗って乗せる「手板・ていた)と言う細長い板、これでも例えば煮物椀などの大きな椀なら4個、吸い物椀などの通常直径の椀なら5個と言う具合に、乗せられる数が決まっていて、この手板に乗せられる数が凡そ決まっているなら、それが乾燥用の「塗師ふろ」に満載で入れられた時の数は、椀の種類とどのくらい入っているかの目測に拠って数量認識が可能だった。

ちなみに手板(ていた)の寸法は昭和40年(1965年)以前の寸法より、それ以降の寸法は幅で20mm程、長さで40mm程大きくなっている。

これは主に木材価格の下落が起因しているが、塗り師の道具に措いても必要最低限から少しばかりの「心の余裕」が出てきたと言えるのかも知れない。

そしてこうした容量測の有効な面は視覚に拠る感覚的判断、つまり「勘」を鍛える点に有り、数学の計算などでも式を立てて計算して答えを出す方法が一般的だが、世の中には数字の配列を見て視覚から答えが浮かんでくる者も存在する。

或いは原初の人類は視覚から感覚的に数を概念していたのかも知れず、こうした事を考えるなら、容量測と言う一般的には曖昧な数字の概念も大変奥深いものを感じるのである。