「パンドラの箱」・Ⅲ

しかしこうした傾向は政府や公的機関にとっては、まことに衝撃的だった。 これまでの秩序を乱すことは絶対許すことはできず、従って「ウィキリークス」創始者「ジュリアン・アサンジ」は、何とかして逮捕し、今後同じ者が現れないように...

「パンドラの箱」・Ⅱ

だがこうした世界に激震が走ったのは2007年1月のことだった。 「セキュリティー・ニュース」の編集長に、「ウィキリークス」がその運営に参加するよう要請したことから、それまで表に出ていなかった「ウィキリークス」と言う名前が...

「パンドラの箱」・Ⅰ

創造と言うものは常に破壊を伴う、いやそもそも破壊と創造は同じものだ。 そして人々は破壊を恐れるが、それは破壊される側にあるからであり、破壊する側にとっては破壊こそが創造となり、この破壊を起こすエネルギーは「狂気」の中にあ...