「鉞(まさかり)を研ぐ子供」・Ⅱ

此度東北を襲った大地震にあって、我が脳裏に真っ先に思い浮かんだのが、「柳田国男」のこの話であり、また関東大震災の折の記録だった。

この二者は互いに、そこに共通点を求めるなら「子供」がその主体となるが、全く別の記録なれど、どこかで同じ感じがするのである。

これは婦人公論大正12年10月号に掲載された記事からだが、関東大震災発生の3日後、横浜で恐らく30前後だろうか、泥だらけの浴衣姿の女が疲れ果てた感じではあるが、そのどこかでは興奮した様子で歩いていた。

女はやがて山の手の避難所まで辿り着くと、そこで誰かを探しているようにも見えたが、その人ごみの中を歩く2人の子供の姿を見つけると、「あっいた、いた」と言って子供達に走りよった。

なるほど震災で離れ離れになった母と子供が再開できたのか・・・、と周囲にいる誰もがそう思った。

しかし子供達に近付いた女は、次の瞬間そこに落ちていたレンガを拾うと、何と子供達の顔を滅多打ちにして殴りつけるのである。

カラカラと乾いた笑い声を上げながら執拗に子供達を殴りつける女、うずくまる子供たち、女は完全に狂ってしまっていたのである。

またやはり関東大震災発生の翌日、これは東京駅の昇降口を歩いていた人の記録だが、大勢の人が混乱して右往左往するその足元に、たこ糸で巻かれた紙包みが転がっていた。

何だろうと思ってそれをよく見てみると、紙の破れ目から、生後幾らも経過していない嬰児(えいじ・生まれた直後の子供)の片足がそこからはみ出していたのである。

しかも人々は激しくそこを行き来しながらこれを見ることも無く、紙に包まれた嬰児を蹴飛ばしながら通り過ぎていた。

そして2011年3月27日、宮城県石巻市渡波の山道で生まれた直後の女児の遺体が発見された。

2011年3月11日に発生した東北の地震では、この地区は津波被害地区からはかなり離れた場所にあり、従ってこの女児が津波によって死亡したとは考えにくい。

尚且つこの女児はへその緒が付いたままの状態で裸のままだったこと、付着した血液がまだ完全に乾いていなかったことから、生まれた直後に捨てられたと見られている。

どんな事情が有ったか分らないが、今回の地震によって生まれた子供を育てられないと思ったか、はたまた地震が起こる以前から生んではいけない子供を身ごもり、地震を幸いにして捨ててしまったか、我々はそれを推し量る術も無いが、子供が生まれた直後に親によって捨てられた事実は変わらない。

実は地震などの災害の最も恐ろしいところは、その災害もさることながら、それから後に起こってくる経済的な行き詰まりによってもたらされる現実かも知れない。

親を失った子供、ローンを組んでやっと手に入れた家を失った者、職場を失った者、彼等の眼前に広がる現実は並み大抵のものではない。

日本はこの東北の地震によって何か大きなものを失ったかのように見えるが、その実東北の地震以前から「何か天変地異でも起こって」と思う人間のいかに多かったことかを知るなら、そこには天変地異でも来なければ、自身の破滅の近かった者がどれだけ多かったかと言うことであり、彼等は大地震の影に隠れて救われた場合も存在し得る。

しかしこうして地震による被災も、地震発生の以前から抱えていた破滅も、結局はその当人の努力では如何ともし難いものであったなら、それはやはり天の為せるところとする以外に無く、我々は彼等彼女等を責めるに資する者とはなり得ない。

子は親を思い、親は子を思いながらもその生活に行き詰る現実は、いつ如何なる時代も無くなる事は無く、それは貧しい時代ほど多くなるが、人はこれを全て救うことはできない。

経済的には壊滅状態に近かった日本経済、その上に今回の大地震と原発事故である。

「頑張れ」「希望はある」の言葉の届く者も勿論あろう。

しかしこうした言葉が虚ろにしか聞こえない者も必ず存在し、それらの者は一線を越えてしまうかも知れない。

そして我々は彼等を全て救うことは恐らく叶うまい・・・。

それゆえ我々は一線を越えた彼等彼女達を、一様に犯罪者として憎んではならない。

ただ天に向かって「この親と、この子に何とぞ慈悲を賜れ」とひれ伏すのみである。

[本文は2011年3月27日、Yahooブログに掲載した記事を再掲載しています]

「鉞(まさかり)を研ぐ子供」・Ⅰ

ある村の近くの山で炭焼きを生業としている男があった。

だがこの男の暮らしは貧しく、食うや食わずの毎日で、既にもう何日も食べるものを口にしておらず、その日も朝から村へ炭を売りに行ったが、炭はいっこうに売れず手ぶらで帰るしかなかった。

そして激しい徒労感から男は家へ帰って眠りに就いたが、ふと目が覚めてあたりを見回すと、すっかり傾いた陽の光が戸口を明るく照らし、そこには男の子供がただ黙って鉞(まさかり)を研いでいる姿が見えた。

「おまえ、そんなところで何をしている」

男は子供に尋ねるが、それに振り向いた子供は今まで研いでいた鉞を持って男にこう言う。

「これで殺してけろ」

そして子供と幼い妹は近くにあった丸太を枕に、そこに横たわる。

漠然とその光景を眺める男、一瞬頭の中がクラクラと来たかと思うと、次の瞬間、男の手に握られていた鉞はこの兄妹の首めがて振り下ろされていた。

人間はその年齢にならなければ、その経験をしなければ決して学べないし、理解できない事と言うものがある。

少年の頃、いや今もそうかも知れないが、我が根幹を為したものは「柳田国男」と「和辻哲郎」の著書だった。

だがこの二人の中でも取り分け私に衝撃を与えたのは「柳田国男」が著したこの冒頭の話だった。

確か、東北地方の昔の実話だったと記憶しているが、「遠野物語」でこの話を始めて読んだのは高校生くらいだったと思う。

だがその時は確かに悲惨なことでは有るが、それほど大きな思いはなかった。

この話が衝撃を持って自身に迫ってきたのは、結婚して5年目くらい、長男が4歳くらいのときだった。

妻の心臓病が見つかった時、入院生活になったことから、暫く自分と幼い長男、それに2歳くらいだっただろうか、長女の3人暮らしになった時期があり、ある日スーパーへ買い物に行った時の事だった。

菓子でも買ってやろうと思い、「何かほしいものはないか」と長男に尋ねたが、彼は珍しく「何も要らない」と答えた。

長男のこの言葉に何か不自然なものを感じ振り返った私は、そこに不安げに、そしてどこかで遠慮しているような長男の姿を見て、一瞬にして「柳田国男」のこの話を思い出した。

「あー、親とは、子供とはこうしたものだったのか・・・」と思ったものだ。

そして家へ帰り、子供達が寝静まった頃、夜遅くにもう一度「柳田国男」のこの話を読み返した私は号泣したことを憶えている。

貧しさは罪か、さにあらず。

しかし人間の世は幾ら努力してもどうにならない理不尽の上に立っていて、それは僅か船板一枚を挟んだその下は海の如くに広がっているものである。

追い詰められてその最後の瞬間に有っても、子はその生死の何たるかを知らずして既に親のことを思い、親もまたその子を思うとしても、眼前に広がる現実の前に幼き命はその先を絶たれる。

だが誰がどのようにしてこうした在り様を裁くことができようか。

およそ法と言うものには限界があり、その奥は言葉の無いものでしかそれを裁くことができない、いやそもそもこうした在り様に裁きなどが入り込める余地すらないように思えてしまう。

キリスト教の教義では幼き子供とその両親があった場合、究極の選択では両親が生き残ることを是としているが、その理由は若い両親ならまた子供が作れるからである。

が、そんな簡単な、そんな薄いもので人の命を、親子をはかることが出来ようはずも無い。

「鉞(まさかり)を研ぐ子供」・2に続く

[本文は2011年3月27日、Yahooブログに掲載した記事を再掲載しています]

 

「東日本大震災への思い」

2011年3月11日は忘れることができない日だった・・・。

前年から高い気温が続き、多くの魚の異常はその数年前から続きながら、何も発生していなかった為、2010年、私は「何か大変なことが起こる」と、幾度となく記事を書いた記憶がある。

中でも「猛暑と地震の因果律」は2010年8月に書かれたものだったが、高い気温と地震の関係、政治的混乱と地震の関係を書かれたこの記事は、数人の人が事前に紹介していてくれていた為、東日本大震災発生直後から「予言が当たった」として、今の言葉言うなら「バズった」

以後、高い気温と地震の関係に関するサイトが増えてくるのだが、その始まりは2010年からなのである。

しかも、私は地震を予知したのではなく、完全に外していた訳で、何かが来ると思いながら、日本と言う列島構造上の基本である日本海溝を全く考えていなかった。

かつて阪神淡路大震災のおり、やはり私と同じように地震を研究していた先輩が、神戸に住んでいて、こんなにも色んな事が在ったのに、大地震を予見できなかったと涙をこぼしていた事が思い出された。

こんなにも色んな現象が現れ、相当なものがやってくると思っていながら、最も基本的なものを見ていなかった。

福島や宮城の人に申し訳ない気持ちで一杯になったものだった。

馬鹿だ、狂人だ、山師だ、詐欺師だと言われても良い、何でもっと大騒ぎしておかなかったのかと悔やんだものだった。

そして私は某中央新聞の記者と連携し、被災地がこれからどう言う余震に見舞われるのか、どう身を守れば良いのかを共同で発信して行ったが、その際キーワードとなるものが「どんな辛いことが有っても春になれば必ず花は咲き乱れ、大地は緑で覆われる」だった。

このキーワードの始まりは1974年に放送されたテレビドラマ「日本沈没」の主題歌で、五木ひろし氏が歌っっている「明日の愛」の中に出てくる「花は咲く、春になれば、地の果て続く限り」を元にしていて、演歌が大嫌いだった私が唯一、小学生の時に聞いて涙が流れた曲だった。

こうした記事を書いたのが2011年3月16日の事からだったが、それから1か月後、「花~は、花~は、花は咲く」と沖縄音階で楽曲を作った者がいて、これをNHKが取り上げて行った経緯には、その余りにも軽薄な在り様に反吐が出る思いがした。

絆だ、愛だ、復興だと言うものが、その地域にどう言う影響を及ぼすか、能登半島地震や中越沖地震後、それらの地域がどうなったかを見れば、東北が同じような目に合う事は明白だった。

関東大震災では、東京が火の海になった翌日には、既に廃材でバラックを建て、雑炊を売るものが出てくるし、当時の写真の中には、周囲の人を気にする事もなく、水たまりで裸になって体を洗う若い女性の姿も写っていて、「生きよう」とする自主性に満ちた力がみなぎっている。

また政府も被災して死亡した人を搬送する為に、生き残った民衆を使っている。

それもボランティアなどと言う中途半端なものではなく、金やコメを払って雇用していくのである。

援助とは難しいものだ・・・。

補助金も同じだが、常に底上げしてくれるものが在ると、その分人間は力を失う。

そして復興予算が終了した時には、街並みは映画のセットのように美しくなり、カラー舗装の道路は実に素晴らしいが、誰も人がいなくなるのである。

東北の人たちは震災に拠る絶望より、その後の復興事業と「優しさ」にこそ絶望した人も多いだろう。

福島原発付近は放射性物質の半減期から、後20年はそこには住めない。

迫ってくる過疎と経済的沈降、目立つ者だけが優遇されて行く復興事業、それらの前に今まさに人災を被っているかも知れない。

こうした日本海溝そのものの動きに関して、余震や付帯地震の傾向は最低でも60年、場合によって200年程同じ傾向が続くと推定される為、現在のような地震が多い状態は、恐らく60年は続く可能性があり、範囲は全国に及びます。

毎年震度7、6の地震が平均2回~3回、震度4、3は日常茶飯事と言う形が常態化するでしょう。

でも、春になれば同じ場所から、去年と同じ草が芽を吹き、花をつける。

それはまるで陽が昇り、沈むの如く当然であるかのように静かに、確実に花を咲かせる・・・。

2021年3月11日、東日本大震災が発生してから10年の節目を迎えるに際し、亡くなられた方々とその遺族の方々には、あらためて追悼の意を表します。

尚、当時書いた記事の内、今の時代に最も必要であろうと思われる記事を、掲載して措きました。

「鉞(まさかり)を研ぐ子供」、2011年3月27日の記事です・・・。

 

 

 

「ロシアンルーレット」2

大日本帝国憲法、つまり太平洋戦争以前の憲法の規定では、もし次年度国家予算がその年度内に成立しなかった場合、前年度の国家予算を暫定予算として執行することが可能だった。

しかし戦後の日本国憲法の規定では国家予算の不成立条項は設けられておらず、絶対に成立を必要とする制度へと改変された。

この結果国会、特に最終決定権を持つ衆議院では国家予算の可決成立が国会議員の最大使命と認識されることになり、また内閣もその存続理由は全て国家予算成立に集約されてしまう傾向があった。

それゆえ過去衆議院、参議院で与党だけで予算が成立させられない場合、時の内閣総理大臣は自分の首と引き換えに野党と交渉し、国家予算を通過させることも辞さなかった。

日本国憲法の規定で国家予算不成立に関する条項がない以上、暫定予算であろうが本格的予算であろうが、とにかく内閣と与党は国家予算を衆議院で成立させなければ、事実上これは内閣不信任案が国会を通過したと同義である。

この点で言えば例えば野党と言っても国会議員である以上、同じように国家予算が成立させらない責任は、国会議員としての存在意義を疑われてしまう。

こうした背景から野党としては最も大きな与党、内閣の攻撃材料となる国家予算は、実は野党にとってもそれを人質に粘りすぎると「諸刃の剣」となり、もし国家予算を巡って与党と野党が対立した場合、そこではどちらが最後まで頑張れるかと言った、我慢比べのような状態が現れる。

半ば心理作戦のような姑息な手法が用いられるか、それで無ければ大衆の眼前では喧嘩しながら、それを元に後ろでは与野党が手を結んでいる状況が訪れるのである。

だが現状のように衆議院で安定的多数の国会議員を抱える民主党の場合は、例え参議院で国家予算が否決されても衆議院の可決が優先されることから、野党は最後まで反対し続けても、結果として予算は成立する訳だから、何を言っても国会議員としての仕事を果たしてしまう安心感がある。

その為、与党が衆議院で安定的多数を占めている場合の野党攻撃は激しいが、一方で大変虚しいものとなってしまう。

また国家予算の影に隠れ、大衆には理解しにくい部分も有るが、国家予算は「予算関連法案」が国会で可決されていないと、現状では予算の半分が実際に執行できない状況に陥ってしまう。

ゆえに民主党が国家予算を成立させたとしても、これから先「予算関連法案」が成立しないと、国家予算不成立と同じ効果を民衆が被ることになるのである。

粛々とやっていますと言いながら、それは見かけは確かにロシアンルーレットのように見えながら、その実はジャンケンだったりする。

そしてそうした姿を眼前で見ている国民は、やはりバカヤローと叫びたくなるのである。

[本文は2011年3月2日、Yahooブログに掲載した記事を再掲載しています]

 

「ロシアンルーレット」1

「おい、お前ら!、手を出すんじゃねーぞ」

「でも、オジきよー、オレはこいつだけは許せねーんだ」

「バカ野郎、丸腰のモンを袋叩きにしたと有っちゃこの辞民組の立つ瀬がねぇ、三下はひっこんでろ」

「でもよー、」

「くどいぞ石原!、てめえはそれより親父にしっかり鈴つけて、東京でもまとめさせねえと唯じゃおかんからな」

「辞民組」組長、「谷垣」は銀縁眼鏡の端をキラッと一瞬輝かせながら、ポケットに手を突っ込んだまま若頭の石原をどやしつける。

この日旧勢力である辞民組の事務所は騒然となったが、無理もない。

先のシマ争いではすっかりしてやられ、第二勢力に追いやれたこの辞民組へ、その憎んでも憎みきれない新興勢力の「民朱組」組長、「菅」が何を考えたか丸腰で乗り込んできたのである

「よー、兄弟、相変わらず元気そうじゃねーか」

「おめーもな、相変わらず靴下の裏みてーな面は変わってねーな」

まるでぺらんぺらんな薄笑いを浮かべる「菅」、それに対して「谷垣」はさりげなく厭味を入れるが、そうした在り様を制止するかのように「菅」は続ける。

「なー兄弟、今日は喧嘩しに来たんじゃねぇんだ」

「てめえ等といつまでもゴタゴタしてても埒があかねえ、ここいらでひと思いに決着をつけようと思ってな・・・」

「ほー、それは面白い。てめえ本当は民朱組でも評判が悪いらしいじゃねーか、ここらで一発逆転か・・・」

「まっ、そう言うところだ、どうだ一騎打ちで勝負をつけて、てめえが勝ったら俺は黙って身を引く、だがもし俺が勝ったら来年のかたぎ衆のやり繰り勘定を通してもらえねーだろうか」

「なるほど、そう来たか、あんなつぎはぎだらけの借金勘定、絶対通す訳にはいかねー・・・、と言いてえところだが、来年のやり繰り勘定を邪魔したとあっては、辞民組もかたぎ衆の受けは悪い、良いだろうその勝負受けようじゃないか」

「兄弟、やっぱり兄弟は男だな、分かってくれると思ってたぜ」

「で、一体何でけりをつけるつもりだ」

「兄弟、これはやはり命がけの方が示しが付く、ロシアンルーレットでどうだ」

「面白れーじゃねーか、誰かチャカ(拳銃)を用意しな」

こうしてさっぱりわけが分らない論理から、組長のロシアンルーレット対決となった辞民組と民朱組、早速手下から拳銃を受け取った谷垣、不正が無いよう手下達を部屋から全て追い出し、谷垣が新しく通い始めたキャバクラで働いている家出少女、つまり谷垣の新しい女だが、彼女に2人の目の前で弾丸を一発だけ拳銃に装填させ、回転式弾倉を手の平で一回だけシャーっと回転させると、それをテーブルの上に置かせた。

「用意はできたぜ、これで良いか」

「おう、じゃ始めようじゃねーか」

「立会人はこの女ってことで構わねーか」

「ああ、それでいいが、ところでどっちから先に始めるかはどうする」

「そうだな、ここは日本人らしくジャンケンと言うことにするか」

「良いだろう」

「ジャンケン・ポン!」

2人揃って声を張り上げる谷垣と菅、だがなんと1回目は二人揃ってチョキだった。

「よし、もう1回、全部で3回勝負だぞ」

「よっしゃ」

「ジャンケン・ポン!」

「兄弟、意外と俺とお前は気が合うのかも知れんな、グーで同じとはな・・・」

「仕方ない、これが最後の勝負だ、良いか」

「おお!」

「ジャンケン・ポン!」

「今度はパー同士か・・・」

暫く呆然として見詰め合う谷垣と菅、やがて菅がボソボソと言い始める。

「兄弟、何か虚しくならねーか」

「そうだな、第一なんでかたぎ衆の為に俺たちが命をかけねばならんのかが良く分からん」

「兄弟、これも何かの縁だ、来年の勘定はこのまま通させてくれ、そして俺が今夜は兄弟に一杯おごらせて貰う、これでどうだ」

「まー、仕方ねーな、それじゃ今夜は勉強会に連れて行ってもらうことにするか・・・」

 

こうして最後は肩を組みながらいかがわしいパブへと出かけていった谷垣と菅、一人部屋に残った少女は、やがてテーブルの上の拳銃を手に取ると、始めはそれを自分の頭に向けてみたが、思いなおして次は窓に向けて引き金を引いた。

「パーン」と言う乾いた音と共に一瞬にして砕け散るガラス窓、意味も無く笑いがこみ上げ、外から入ってくる冷たい夜風に、誘われるように窓へと近寄った少女はそこから大声でこう叫ぶ。

「バカヤロー!」

(この話は全てフィクションであり、登場する団体、人物名は全て架空のものである事をご了承ください)

「ロシアン・ルーレット」・Ⅱに続く。

[本文は2011年3月2日、Yahooブログに掲載した記事を再掲載しています]