「千葉県北西部地震に関して」

気象庁の緊急地震速報の計測モジュール、エンジンは改良されて来てはいるが、原則範囲測定方式であり、どれくらいの範囲に振動が伝播したかに拠って、地震の大きさを判定する方式となっている。

揺れの大きさを現す単位の震度とは、やはり「規模」の事を指しているので、こうした方式は間違っている訳ではないのだが、例えば半径50kmの円内に1秒ずれた状態で2つ、3つの小さな振動が発生すると、その震動伝搬範囲が大きいと判断し、巨大地震が発生したものと判断してしまう。

また本震動より1・7倍早く伝わるP波を測定する数値である為、震源に近いほど間に合わない状態になり、震源から遠いところほど緊急地震速報は間に合う状態になる。

震源の真上に存在している場合、揺れ始めてから緊急地震速報のアラームを聞くことになる。

関東地震、関東大地震と概念されるものは、今のところ仮説でしかないが、複合地震である可能性が高い。

関東平野には中規模地震以上の震源となった箇所だけでも100を超える震源が存在し、この他に東京湾、相模トラフでは100年周期と400年周期の、巨大地震の震源域が在るとされている。

この内400年周期のものは、100年周期地震を包括して巨大化するものと見られる為、同じ関東大地震でも安政江戸地震と

1923年の関東大震災では、その規模に30倍以上の差異が生じている。

相模トラフは千葉県沖から神奈川県南部海域に及ぶプレート境界だが、これには数本のヒビが連動していて、その1本が東京湾に沿って関東平野に及び、関東平野は事実上カタカナの「キ」に近い形状でヒビが入った状態になっていると考えた方が分かり易いかも知れない。

相模トラフと南海トラフの関連性は深く、多くの場合、相模トラフ上で発生した関東地震の数年後、あるいは直後に南海トラフ地震が発生している為、関東地震はそれが独立したものではなく、南海トラフ地震の前震と言う側面も持っている。

元禄江戸地震は1703年、その4年後には宝永南海トラフ地震が発生しているが、この傾向は安政江戸地震の前後、1940年中期も同じであり、事実上元禄江戸地震と1923年の関東大地震の発生メカニズムは同じであると推定されている。

つまりこれらは南海トラフ地震の前震と言う事なのだが、こうした大きな地震が発生する10年から2年前には、相模トラフに続く関東平野のヒビの北限、千葉県北西部、茨木県南西部、栃木県南部での中規模以上の地震が多くなる傾向を持つ。

安政年間、1923年の関東大地震の数年前には地震研究が活発になり、安政年間では市井の人々の前兆記録が多く残り、1923年の5年前くらいから日本の最高学府でも地震の研究が盛んになるのは、こうした北関東の地震が頻発してきた為、世間の関心が高くなってくる事を反映したものだ。

北関東内陸部の地震が頻発してから、関東大地震に繋がるまでの期間は長い時で7年、次に5年、2年と言うバラツキが在る。

また2011年の日本海溝地震発生から以降、従来の周期地震予知法は、不安定化してきている事から、こうした連動性関連期間は、遠くなるか、近くなるかの激化傾向を持つ。

近い場合は2年という時間的余裕がない可能性も出てくる。

災害と言うものは国力に比例して大きくなったり小さくなったりする。

2021年10月7日に発生した千葉県北西部の地震は最大震度が5強だったが、もしこれが仮に1990年だったら同じ被害が出たかと言うと、おそらく今回発生した被害の10分の1にも及ばなかったかも知れない。

真新しいインフラに現在65歳になっている者の当時は35歳だ・・・。

無理をしていて手が付けられなかったインフラに、往時を過ぎて足腰も鈍った状態では、どうしても被害は大きくなる。

今一度自国の国力を謙虚に見つめ、災害対策を講じて措かないと、「想定外」や「かつて無い」と言う言葉だけが増えてくる事になる。

後出しなってしまうが、実は10月5日、千葉県では秋に桜の花が咲いていると言うニュースが報道されていた。

しかしその本数が10本前後だった事、体調が優れない事から、一抹の不安を覚えながらも、私は静観した。

10月7日、千葉県で発生した地震は、震度5強と言う微妙さだった。

1986年なら、私は震度5強の地震で何か意見を言うことは無かっただろう。

被害がほとんど出ないからだが、こうして30年も経つと多くのけが人や、インフラの破損が出てくる。

あらためてこの国の衰退と自身の衰えを感じざるを得ない。

そして秋に咲く桜と地震の関係だが、結果から言うと多分関係はない。

だがこうした植物の異常は高い気温に連動している事が多く、同じように古来から高い気温の年は大地震が起き易いとされている。

秋に咲く桜と地震には全く何の関係もないが、高い気温の時は同じ傾向を持っていると言う事なのであり、一方こうした傾向を絶対的と考えれば、そこに「道」を作ってしまう。

道とは何もないところに偶然存在する傾向を信じてしまう事であり、人はそれに当てはめ、その通りになる事をして信じるが、実はそれに当てはまらない時を否定しているからこそ、それが絶対的と信じてしまうのである。

この世の確率は、良いか悪いかだけなら、どんな小さな場面でも大きな場面でも、必ず五分五分のもの、つまりそこに「道」はないのだが、そこに道を見てしまうからこそ、「人」と言うものかも知れない。

信じる事の愚かさを知り、道の危うさを知って猶、それしか手がなければ「道」を信じるも悪くないだろう・・・。

北関東内陸部で中規模以上の地震が頻発した時は、早ければ2年後に関東大地震と言う事を、どこか頭の隅に入れて措いて頂ければ幸いです。

相変わらずの不調ゆえ、言い放しの乱文、誤字も多いかと思いますがお許しいただきたく・・・・。

お問い合わせに付き、回答させて頂きました。

 

 

「珠洲市震源地震に関して」続報

前回、2021年7月22日の事例として、奥能登ではケヤキや柿、桜、スモモなどの広葉樹が春に新芽を付けながら、夏にもう一度新芽を付ける現象が広範囲に観測された事を記録させて頂いたが、この現象はその後も収束するには至らず、2021年10月5日になっても、色の悪くなった葉の先に鮮やかな新芽を付けた広葉樹、ケヤキ、桜、柿、栗などの枝が風にたなびいている景色は、この先に到底楽観をもたらす事が出来ない。

この件に付いて前回、7月22日の事例の時も相談させて頂いた、石川県自然史資料館、中野学芸員に意見を求めたが、確率的に絶対あり得ない訳ではないが、過去、10月になっても新芽があちこちで出ると言う事例は残っていないとの事だった。

原因として異常な気象が挙げられると言う事だったが、記録に残すとき、どの気象現象をその因とすれば良いかを訪ねた私に、「植物の生育は総合的なものですから、ここは唯、存在した現実のみを記録することが大切で、その原因については記録さへしておけば、50年後、100年後にはもしかしたら、その原因が判明する時があるのかも知れません」

彼女のこの自然に対する真摯で謙虚な言葉に、私は思わず眼がしらが熱くなった。

一方こうした植物の異常と関連付けてはいけないとは思うが、唯事実を記録するなら、その科学的関連を見出すことはできないが、同時期に能登半島珠洲市に微震が続き、9月16日には珠洲市で震度5弱の地震が発生した。

唯、この震源域では過去震源付近で震度6の地震が発生している事から、9月16日の地震を本震とするか、あるいは前震とするかと言う判断では、本震はまだ来ていないと考えて措く慎重さは必要ではないかと思う。

事実9月16日以降も中小規模地震が連続している。

通常震度5弱くらいの地震で余震が1か月も頻繁に続く傾向は少ない。

相変わらず時々「ゴー」と言う音が聞こえたり、軽度の空気振動現象も発生している。

北緯37度27分、東経137度15分から北へ30km上がった地点を中心として、半径30kmの地点のどこかを震源とする震度6の地震を警戒する必要がある。

この場合輪島市では震度5、新潟県沿岸でも震度5を観測する地震となる可能性がある。

2021年10月5日21時から少なくとも2週間は警戒する必要がある。

地震は晴れた日の風のない時に来ると大きくなる。

40年前、こう言っていたらみんなに笑われたが、今ではその話を私に解説してくれる人がいるくらい広まった。

続けていて良かったとつくずく思うが、では雨の日は大きな地震が来ないのかと言えばそうでもない。

雨の日に来る大きな地震は雨を止めてやってくる。

実は1993年2月7日に発生した珠洲沖地震では、同地震発生時刻の22時、日本海を低気圧が通過中で、珠洲市は大荒れの状態だった。

ところが地震が発生する22時27分の5分前、突然嵐が止んで空には月が見えていたのであり、風も止んで穏やかになったところへ地震が来る。

そして地震が発生して4分後、大嵐はまた復活して来たのである。

同様の事例は新潟県中越沖地震、北海道釧路地方の地震でも存在し、大きな地震の場合は天気が荒れていても、その天気を無理やり晴らして、大きな地震がやってくるものなのかも知れない。

 

体調がすぐれず、不安定な文章になってしまった事をお詫び申し上げる。

何となく、緊急を要する気がして、本文を掲載させて頂いた。

何も来なくて、私が嘘つきになるくらいの事で済むなら安いものだが、何か有ったとしたら、これを掲載しなった事を私はきっと悔やむゆえ、本文を掲載した。

 

 

 

 

「珠洲市震源地震に関して」

「能登半島珠洲市で頻発している小規模地震に付いて」

1990年の損害保険各社マニュアル、この中で能登半島の災害保険料率を見てみると、その危険度は非常に低いものとなっていた。

実は能登半島を震源とする震度5以上の地震は、記録上1993年まで1度もなかった。

過去に津波被害をもたらした地震でも、その震源は全て能登半島以外の震源地震に拠るもので、能登半島を震源とする大きな地震発生の観測記録歴史は、1993年2月7日22時27分に発生した、能登半島珠洲沖地震から始まった。

この地震は輪島で震度5,金沢、富山で震度4を観測し、地震範囲は中国地方から東北にまで及び、死者はなかったが損壊した一般住宅22棟、トンネルなどの道路崩壊141個所、けが人は29名だった。

また当時観測機器の不備から、震源に近い珠洲市の震度が正確には残されていないが、金沢大学理学部 河野芳輝、石渡 昭教授の調査資料には、珠洲市の震度は6だったのではないかとの推定が為されている。

日本の地震が巨大化、震源のカオス化を起こしていく分岐点になる地震は、1995年に発生した阪神淡路大地震からだが、この前哨として、過去に一度も震源としての記録が無い能登半島を震源とする、1993年珠洲沖地震が存在している。

河野芳輝、石渡 昭両教授は珠洲市沖で北側に3点、北西側に3点の海底地質調査を実施しているが、明確な断層の所在には言及していない。

ただ、2021年から始まってきた、石川県能登半島珠洲市を震源とする小、中規模地震に付いては、河野芳輝、石渡 昭両教授が行った調査点を、それぞれ直線で結んだ交差点付近が震源になっている。

「1993年珠洲市沖地震の2年後、阪神淡路大地震が発生し、2007年の能登半島地震、中越沖地震の4年後、東日本大地震が発生している。

能登半島の地震が、その後の日本に措ける巨大地震の、一つのターニングポイントになっている側面がある」

今後共、珠洲市を震源とする地震を注視していきたい。

「参考資料」A

 

「1993年能登半島地震地震、金沢大学理学部調査報告書」

「夏に出芽する広葉樹」

2021年7月22日、石川県輪島市三井町仁行保勘平地内において、周辺のケヤキの殆どから、春に新芽が出たにも関わらず、この猛暑期に沢山の新芽が出ている現象が確認された。

またこれと同時に、同地域の狭い範囲で桃、柿、ぐみ、桜などの広葉樹も、その上層部が全て新芽で覆われると言う現象が確認され、同地区に60年、70年と住んでいる付近住民が首を傾げている。

穴水町森林組合に、この現象を問い合わせたところ、ケヤキに関しては暑い日が続く場合、弱った葉を落とし、夏に新芽を出す事があるとの回答を得られたが、特定の地域で樹木の表面が覆われるほど、大量広範囲に新芽が出るケースは珍しいとの事だった。

広葉樹における現象に付いては、石川県自然史資料館、中野学芸員の解説によると、例年でも広葉樹は春から夏の期間、長い時間をかけて新芽を補充、または樹木に寄生する虫の影響から、夏に新芽が出るケースが有るとの回答を得られたが、こちらも狭い地域で、夏にあらゆる広葉樹が一度に新芽を出すケースは記録がないとの事だった。

範囲に付いて、三井町の狭い地域だけなのかと言う点では、珠洲市から能登町にかけて、複数の地点で同じ現象が見られ、一部の造園業者は害虫に春の新芽を食べられ、その結果夏に新芽を出しているのではないかと話している。

同様の所見は石川県自然史資料館、中野学芸員も指摘しているが、金沢では今年、街路樹のケヤキがやはり春の新芽を害虫に食べられ、一度新芽が出た直後に再度新芽を出したケースが有ったとしている。

これらの専門家の意見を総合すると、広葉樹に寄生する害虫の地域的異常増殖が出現している可能性が高いが、いずれにしても能登半島には広葉樹の害虫を研究している専門家がいない為、はっきりとした原因究明には至っていない。

この天候不順と夏の盛りに色鮮やかな新芽を吹く樹木、珠洲市では小さな地震も続いる。

曇天の空を見上げる住民の顔にも、一抹の不安の色が隠せない。

参考資料B

この2つの記事は2021年8月16日、地方紙に参考資料として提供したものですが、その後も珠洲市の微震は続き、2021年9月16日、18時44分に震度5弱の地震が発生しました。

この震源付近は冒頭の金沢大学の資料でも出てきますが、震源付近の最大震度は6が想定されています。

今後も引き続き注意してお過ごしください。

尚、1993年を例にするなら、福岡県北部玄界灘、中越沖地方の方は3か月から5か月後、比較的大きな地震の発生の確率があります。

特に玄界灘でのそれは震源付近は震度7が想定されますので、日常の細かな変化に注意してお過ごしください。

[保勘平宏観地震予測資料編纂室] 第4019号公開通知

資料編纂責任者 浅 田  正

「スケールフリーネットワーク」

例えば極めて基本的な饅頭が有ったとしよう。
この饅頭はそれが発生した初期の段階は大変人気が高く、また他に競争相手がいない事からとても多く売れる。

しかしやがてこうしたとても多く売れる状態をして、同じ饅頭を作る菓子店も増えてくることになるが、そのうちこうした同じ饅頭を作る菓子店は組合などを作り、自己防衛をはかる様になると、それは一つの大きな饅頭製造の核となり、やがて常に安定と破壊を同時に内包する人間の欲求は、核となるもの、スタンダードを壊して行こうと言う方向へと向かう。

ここから次第に「饅頭もどき」が多数発生し、その中では安定した数量しか売れなくなった饅頭の売り上げを越えてくるものが現れ、そこにまた他の菓子店が同じように群がって、そんな事が延々繰り返されると、全ての菓子店は饅頭を通して大変複雑な経路を辿りながら全く干渉しあわずに繋がり、また饅頭と言うアイテムで有りながら全く饅頭ではないものも「饅頭」となり、この媒体の端末に行くに従って、饅頭と言う形態は壊れていくが、ここに大きなネットワークが形成される。

この仕組みを「スケールフリーネットワーク」と言う。

そしてこの仕組みは数値モデルにすると、現代社会を支えるコンピューターネットワークそのものであり、また人体などの生物の生体内代謝反応回路、生態系の食物連鎖の仕組みなども全く同じものであり、経済や社会構成なども同様である。

いわばスケールフリーネットワークは自然の仕組みそのものとも言える。

あらゆるネットワークは抽象化すると、そのシステム構成単位を「node」(ノード・結節点)と、それを繋ぐ「link」(リンク)の2つの構造に求めることができるが、こうした仕組みを数理的に解説した2つの理論モデルが存在している。

その1つはD・ワッツとS・ストロガッツによる「スモールワールド・ネットワークモデル」だが、例えば全く面識も関係もない2人の人間が、一体何人の友人や知人を介すれば出会う事になるかと言えば、これが意外と少ない人数の関係で出会ってしまう。

大体5人、ないしは6人の関係を辿れば全く縁もゆかりもない人間同士が辿りついてしまうほど実際の世界は小さく、これはノード(結節点)がランダムにリンクされた場合のモデルだが、実際の人間が持つそれぞれの人間関係は決して皆がランダムに同じではない。

人間がそれぞれ持つあらゆる関係は、ある2人の友人が互いにも面識があったり、姻戚関係が有ると言う具合に「cluster・structure」(クラスター構造)、つまりは不均一な集合体を持っている。
そしてこうしたスモールワールド性が持つランダム特性とクラスター構造は一見すると相反することのように見えるが、互いがそれぞれの特性を持ちながら両立しているのがこの世界である。

更にここで出てきたクラスター構造だが、ではクラスター構造にはどんな優位性があって、集合体が出来上がるのかと言えば、ここでの優位性は「優先的選択」となっていて、これがもう一つのネットワーク理論である「スケールフリーネットワーク理論」の根幹を成している。

例を挙げれば人間でも社交的な人とそうでない人がいて、また職業上多くの人に接しなければならない人もいれば、それほど人に会わなくて済む職業の人もいるが、この構造の中でより多くの人に接しなければならない人には、より多くの人が集まってくる、若しくは集められていくが、少ない人としか接点がなければ、その人の集まりは小さくなって行く事になる。

芸能界やこうしたブログの世界でもそうだが、より多くのリンク数があるところには更に人が集まっていき、いずれはそこから別のノードへとリンクが伸びて行き、今度はやがて当初は多くのリンク数を集めたノードが、ただの通過点になって行ってしまう。

またこうした一方で、多くのリンクが繋がり発展していくノードとは別に、逆にリンク数が減っていくノード(結節点)は何を意味するかと言えば、それは人間の孤独化である。
実は芸能界と同じで、ネットワークの中で多くのリンクを集める者は数が少なく、反対にリンクが少ない者の方が数が多く、ここでは疎外感が膨らんでいく事になる。

それゆえ、現代社会に措ける犯罪の在り様が、自己の爆発型となるのは、自分に対するリンク数の少なさと言う、どうにもならない理由に端を発している限り、減少する事はないのかも知れない。

現実のネットワークは、ノードやリンクの増加によって自発的成長をしていくが、リンクの増え方はこうした理由からランダムにはならず、「優先的選択」、すなわちより多くのリンクを持っているノードに繋がり易く、リンクしやすいと言う事を考えるとき、一つのノードに対するリンク数の分布はどうなるか・・・。

これに対して答えを示したのがA・L・バラバシ等の研究者であり、その結果は「逆べき分布」、つまりはもっともポピュラーな統計分布である、ガウス分布などの釣鐘型等の形態にはならない、一切の特徴的なスケールのない分布となるのであり、このことをスケールフリーと言い、A・L・バラバシ等はこの世に存在するあらゆる現実のネットワークでも、その多くがスケールフリーの性質の中に有ることを示した。

これは何を意味するかと言えば、例えば市場動向や国際情勢、人口動態など、あらゆる統計が示しているグラフなどの統計図形は、その延長線上には無意味が待っていると言う事であり、常に先は決まっておらず、どこかは発展するが、それがどこかは現在の時間軸では分からないと言う事を示しているのである。

また優先的選択によって多くのリンクを持つ少数のノード、これを「hub」(ハブ)と呼ぶが、如何なるネットワークでもこのハブが重要な役割を果たしていて、ダメージに対する耐性や情報伝達には決定的な役割を果たしている。

そのネットワークの中心付近には多くのリンクを持つ少数のノードが見られ、そして端末に行くに従ってリンクの少ない多くのノードが存在するが、ちなみにこうした形態をイメージするなら、まるで無限連鎖講が円状になって形を崩したもののように見えない事もない。

何とも不思議な、ものである・・・。

「臭いものには蓋をして」

「主任、このアルミ容器の中身が例の遺体ですか」
「ああそうだ、絶対蓋は開けるな」
「でもこの状態だと検視ができませんが・・・」

「そんなもの必要ない、仏さんは既にまる24時間以上密閉状態にあるんだ、それで充分だ」
「しかし、それで本当に問題は起きないんですか」

「ウォーレン、お前死にたいのか、既にこの死体のおかげで少なくとも6人が死にかけているんだぞ」
「責任は局長が取ると言っている、良いか、誰も近づけるんじゃないぞ」
「分かりました」

物々しい防護服に毒ガスマスクをつけた二人の検視官「ウォーレン・ターナス」とその上司である「マイケル・ロッジス」は、こうしてその遺体の入ったアルミ容器を部屋の真ん中に置き、立ち去っていったが、このリバーサイド市検視局の建物の周囲では更に物凄い警備体制が引かれ、検視局の周囲はさながら空気感染のウィルス病でも発生したかと思われるような、防護服に毒ガスマスクをつけた警察官等によって厳重に封鎖されていた。

ことの発端は1994年2月19日、一人の女性がロサンゼルス市の東側にある、リバーサイド市総合病院に搬送されたことから始まった。

末期の癌と診断された「グロリア・ラミレス」さん、当時31歳は自宅で科学療法を続けていたが、2月19日突然胸を押さえて苦しみだし、やがて意識を失ったことから、家族によってリバーサイド市総合病院に搬送された。

リバーサイド市総合病院の担当医師はグロリアさんを診るなり、これは緊急の心臓手術が必要と判断、早速彼女は集中治療室へ運ばれ、そこで手術のための採血が行われたが、この際グロリアさんの血液には何故か透明とも、乳白色とも判断の付かない細かい塩の結晶のようなものが大量に混入していることが目測でも確認された。

そこで集中治療室のすぐ脇にある手術室で、助手の医師がグロリアさんの血液を顕微鏡検査しようとした、まさにその時だった、突然採血したグロリアさんの血液が少し泡立ったかと思うと、一瞬にして室内には強烈なアンモニア臭が充満し、執刀医、助手、手術の準備をしていた看護婦達が次々倒れだしたのである。

この事態を隣の集中治療室で見ていた他の看護婦たち、慌てて手術室や集中治療室の窓やドアを全開にすると、急いで倒れた執刀医や看護婦たちに駆け寄るが、既に全員意識不明の状態だった。

また別の看護婦は急いでこの事態をリバーサイド総合病院首脳部に報告に走り、事態を重く見た総合病院首脳部たちは、事件発生から30分もしないうちに入院患者の緊急避難を指示し、こうしてリバーサイド総合病院は一時騒乱状態となった。

そして原因不明のアンモニア臭で倒れた6人の医師や看護婦達は近くの他の病院へ搬送され、そこで酸素吸入などの処置を受けたが、このうち2人は重体で、その後しばらく絶対安静を要すこととなったのである。

またこの原因不明のガス発生により、グロリアさんはその1時間後に死亡が確認され、この時彼女の死亡を確認した医師が手術室に入った時には、既にアンモニア臭は存在していなかった。

そればかりか、この事件を隣の集中治療室で見ていた看護婦の一人は、アンモニア臭の毒ガスは、採血された血液から出たのではなく、グロリアさんの体から白い霧が噴出するように発生したのだと証言するに至り、ガスの発生源はグロリアさんだったことが判明したのである。

グロリアさんの死亡は確認された。

しかし彼女の死因に付いては心臓発作なのか、或いは自分が出した毒ガスによって死亡したのかは不明なまま、遺体は検死局に送られる事になったが、原因が特定できない事、また死後もグロリアさんからガス発生の可能性が否定できない事から、結局グロリアさんの遺体は検視局でも誰も検視しようと言う者がおらず、死亡原因が不明のまま2重になったアルミ容器に入れられたグロリアさんは、その後極秘裏に当局立会いの下、親族によって特別に作られた墓地に埋葬されたとされている。

だがことの真相はどうだったのだろうか。

本当は何か別の原因があったようにも考えられない事はないが、それにしても死因も特定されず、まるで隠れるようにして埋葬されたグロリアさんは随分気の毒な気がするし、そもそも人体が毒ガスを発生させる事など有り得るのだろうか。

ガスの発生源も特定されず、もし万が一グロリアさんがガスの発生源なら尚の事詳しく検視する必要があったように思うが、全ての真相はグロリアさんが墓の中へ持っていってしまった。

この事件以降、リバーサイド市で人々が原因不明のまま、バタバタと倒れて行ったと言う話しは聞いていないが・・・。