「そんなに若い女が恐いか」・Ⅱ

五百子の父「了寛」は二条家出身の尊王論者で、兄「円心」とともにこうした父から影響を受けた五百子もまた、尊王論者として唐津では認識されていたが、彼女は父の手紙を長州藩の家老に届けるために長州に赴き、そして関所でもめていたのであり、「了寛」が娘に託した手紙には唐津の尊王攘夷派から長州藩への意思表示がしたためられていたのである。

いわゆるこの手紙は密書だったのだが、ここまで派手に届けられると密書としての意味があったのかどうか・・・。

それはともかく、14歳の時すでに両親の反対を押し切って単身京の都に上った五百子の事、確かに間違いなく家老に手紙が届けられたことを鑑みるなら、父が五百子に大役を頼んだことは正解だったに違いなく、また五百子も喜び勇んでこの大役を買って出た有り様に、その後の彼女の生き方を象徴すべきところが垣間見えるような気がする。

関所の役人達を一喝し、上の者を出せと気丈に振舞った五百子、しかし彼女はこの後結婚し本当に平凡な主婦となるが、夫が亡くなったことから再婚する。

そしてこの2度目の結婚では本当に幸せな家庭を築くのだが、五百子はある日突然この再婚相手に離縁を申し出る。

この時の離縁の理由がいかにも五百子らしいところだが、「国事に奔走するためには足手まといになる」から再婚相手に別れようと言うのである。

つまり私は国家や「公」の為に働きたいので別れませんか、と夫に言ったのだが、この再婚相手は相当五百子のことが好きだったのか、はたまた五百子の情念が再婚相手に通じたのかは分からないが、五百子の夫はこうした妻の言葉を受け入れ、ここに離婚は成立する。

後世こうした有り様にウーマンリブや、女性の権利の主張と言うものを重ねる者があるが、そうした判断は大変浅いものと言わざるを得ない。

離婚後、五百子は娘に店の手伝いをさせ、自分は長州での大太刀まわりよろしく、今度は明治政府の役人相手に脅す賺す(すかす)を始めるのであり、唐津港開港、鉄道敷設などは彼女の尽力によるところが大きかった。

またこのようにしてある程度の年齢になった五百子はさらに老獪さを増し、まことにかけ引きが上手かったと言われていて、こうしたことから皇族の「近衛篤麿」と知己を得た彼女は、「近衛篤麿」の協力を得て日本初の女性団体「愛国婦人会」を創設するに至るのである。

「奥村五百子」、彼女を考えるとき私などが思うことは、この女性は当代の女性の感覚ではなく、では未来なのか過去なのかと言うことである。

ある種とんでもなく進んでいるし、また一方では徳川幕府より遥か以前の自由な部分も持っていて、どちらか甲乙つけがたいものがある。

現代社会で盛んに唱えられる男女同権、男女平等などと言う概念は本当に浅いものだ。

どこかの国の国会議員が「では女が立小便できるのか」と言ったらしいが、せいぜいこの感性が限度のところは男女ともに存在している。

男女と言う性差にまで一律な概念を持ち込み、それをして平等と思ってしまう、また立場上、女が男に勝ることをして女性の地位が向上したと考える事の愚かさ、そうしたものを鑑みるとき、私はこの「奥村五百子」の精神にこそ本当の意味の男女の公平性を感じるのであり、五百子の考え方には「女性として国家の為に何ができるか」、「女性として国家が戦っているとき、どう戦えば良いのか」と言った、「女性として」と言う基本が有ることの偉大さがある。

現代国際社会の持つ男女同権の考え方は、いずれ必ず修正を余儀なくされるだろう。

人間は確かに平等であるべきだし、また男女がいなければ子孫も残せない。

しかし男と女は一緒なことができない。

子供を産むのは女性でしか有り得ない現実は、そもそも男女が同じではないことを事実として示しているのであり、協力して同じ権利を持つことはできても、同じではない。

このことをしっかり自覚したところに、では男としてできること、女としてできることと言う、本当に互いの性差を認め合った平等がある・・・と私は思うのだが如何なものだろうか。

いきなり妻から国家や「公」の為に奔走したいので離婚して欲しいと言われたら、どうしようか・・・。

多分私は感激して離婚に応じるような気がする。

 

「そんなに若い女が恐いか」・Ⅰ

「おい、お前、女か・・・」

長州藩の関所前で何やら大勢の人だかりができ、その真ん中でこれまたついぞ最近見かけぬ、華々しい出で立ちの若侍が啖呵をきっている場面に出くわした高杉晋作、僅かに白きうなじの有り様に、この若者が女であることに気が付いた。

1864年「禁門の変」の結果によって朝廷から長州征伐の勅命(命令)を受けることに成功した徳川幕府は、前の尾張藩主である「徳川慶勝」を征長総督に任命し、10月には諸藩の軍事力を総動員し、長州藩を完全に包囲した。

これを機会に反幕府勢力の急先鋒である長州を徹底的に叩いておこうと言う訳である。

これに対して長州藩では同年8月にイギリス、フランス、アメリカ、オランダの連合艦隊から攻撃を受けたばかりで、とても幕府の軍勢と戦える状態ではなく、現実論が支配的となって行った事から、それまでの「攘夷派」に変わって「保守派」が勢力を握るようになり、戦をせず、幕府に対して恭順の意を示す方向へと傾いて行った。

その結果高杉晋作ら攘夷派は長州藩から出て行くか、あるいは捕えられ、謹慎蟄居となって行ったが、こうして長州が攘夷か保守かと揺れていた時期に、他国の者が入って来ないよう設けていた長州の関所で、この事件は起こったのである。

「ああ、私は女だ、長州の男はまことに腑抜けだな、若い女がそんなにおそろしいか!」

義経袴を身にまとい、朱塗り鞘の大小を脇に差した見目麗しき若者は四方を囲まれ、抜かれた切れ味鋭そうな刀の林の中で「かんらかんら」と高笑いをしていた。

「いい度胸だな、して長州には何用だ」

「お前がこの木っ端役人どもの頭か、私は故有って当藩家老宍戸備前守様(ししど・びぜんのかみ)にお会いしに参上した」

「早くこの腑抜けどもを引かせろ」

「それは残念だな」

高杉晋作は少し頭を掻くようにするとぼそぼそと話を続ける。

「長州も見ての通りのざまよ・・・、私もいつ追放になるか分からん身の上ゆえ、お前の役には立てん」

「何だ、お前もこのぼんくら共と一緒か」

「そう言うことだ・・・」

高杉晋作は少し苦笑いを浮かべ、その場を通り過ぎようとする。

「待て、私は唐津高徳寺の娘だ、宍戸備前守様は私の伯父に当たるものだ、おい話を聞け」

若侍装束の女は去っていく高杉を何度も呼び止めた。

しかし高杉晋作は黙ってその場を立ち去るしかなかったが、それには訳がある。

既に朝廷から長州征伐の勅命が発せられて以降、長州では徐々に保守派が台頭し始め、高杉等の意見はもう通りにくくなっていたのであり、場合によっては高杉晋作の介添えであることだけにても、その話は却下される可能性が高くなっていた為だった。

「えーい、まどろっこしい者どもだ、通せと言うのが分からんのか、通せないと言うなら訳を申せ!」

若侍装束の女は高杉がいなくなってからもあたりの役人達に啖呵を切っていたが、一向に埒が明かない。

「木っ端役人では話にならん、お前等の上役を連れて来い、上役に直談判する」

「他国の者は通すなとの規則だ、通せぬものは通せぬ」

女と役人の押し問答は続く・・・。

そしてこの押し問答は4日目の朝を迎えたが、これまでと何ら変わらない押し問答を続ける女と役人たち、やがて憔悴して道端で座り込んでいた女の肩をぽんぽんと叩く者が有ったが、それは女も顔なじみの高徳寺出入りの商人だった。

「お迎えに参りましたよ」

商人は関所で侍装束の女が暴れていると言う噂を聞きつけ、もしかしたらと思い長州領内から女を迎えに来たのだった。

この時、数日に渡って長州藩の関所で暴れたこの若侍装束の女こそ、19歳の「奥村五百子」(おくむら・いおこ)である。

「そんなに若い女が恐いか」Ⅱに続く

「人と動物を繋ぐ影」・Ⅱ

「トキソプラズマ症」、この病原体の「トキソプラズマ」は猫科の動物を最終宿主とするが、殆ど全ての哺乳類は中間宿主として利用される。

感染した動物の生肉や加熱が不十分な肉を食べた場合、汚染された手や指、食器などを通じて口から摂取することで感染するが、感染動物の糞便中に存在している「オーシスト」(虫体)の吸引でも同じように感染する。

病原菌自身はその殆どが「不顕性感染」、つまり症状を発症しないパーセンテージが多いが、それでも感染者数で言えば日本の全年齢層で、30%前後がこれに感染していると見られていて、人間では妊娠中の女性が感染する「先天性トキソプラズマ症」が存在し、この場合は死産、若しくは流産と言った重大な結果をもたらすケースもある。

そして犬、猫で言うなら「パスツレラ症」(pasteurellosis)なども犬や猫の口の中存在する「パスツレラ菌」が原因の感染症だが、この菌の感染経路は犬や猫に咬まれたり引っかかれた場合もさることながら、動物とキスすることで感染する「直接感染」や、間接的な「飛沫感染」の2種類の感染経路が存在することで、「パスツレラ菌」の口の中の保有率は猫が100%、犬でも50%前後が保有している可能性がある。

この感染症の症状、その約55%は呼吸器系の症状で、例えば咳の原因や呼吸障害、その他外傷的には「猫引っかき病」と同じ症状がある。

また「オウム病」(psittacosis)、この名前は誰もが一度は聞いたことが有ると思うが、オウム、ハト、インコなどの鳥類を感染源とするこの病原体の正体は「クラミジア」(Chlamydia psittaci)であり、鳥類の排泄物の中に存在している。

鳥類がこの病原体に感染すると餌を食べなくなり、鼻汁を流して下痢を引き起こし、他にも結膜炎や肺炎など色んな症状を発症するが、これが人間に感染した場合、呼吸器官系に症状が発症し、咳、胸痛、咽頭炎、発熱の他、筋肉痛を引き起こすこともある。

更に「エキノコックス」(echinococcosis)、これは医学用語でも出てくるが「包虫症」のことであり、この病原体の「包条虫類」は小腸に寄生し、最終宿主はキタキツネや犬などの肉食獣で、人間はこれら最終宿主に寄生するための中間宿主となる。

人間に寄生した場合、拒食症だと思われた症状が実はこの「包条虫」に寄生されていたと言う例がある他、下痢、発熱などの症状を発症するが、最終宿主にキタキツネの存在があることから、北海道に多い地域感染症と言う側面も持っている。

それから「サルモネラ感染」(salmonellosis)、サルモネラ菌は腸炎ビブリオ菌、病原性大腸菌などと同じで、食中毒症状を引き起こす病原体だが、河川や下水などに存在していることは勿論、ニワトリ、犬、猫、豚や牛などにも広く存在している菌で、特にカメやイグアナなどの爬虫類では、90%近くがサルモネラ菌を持っている可能性がある。

この他牛や豚などの腸内細菌である「エルシニア」による「エルシニア感染症」、犬や猫などの糞便、肝臓、肉などの生食によって感染する「回虫症」、野ウサギとの接触によって感染する「野兎病」、狂犬病ウィルスに近似し、コウモリなどが媒介する「リッサウィルス感染症」、感染動物の「乳」や尿から感染する「Q熱症」など、一部大まかなものでもこれだけの種類の人獣共通感染症が存在するが、感染経路も特定できず、ただ推測としてサルが感染源なのではないかとされた「エボラ出血熱」に至っては、空気感染の可能性が高く、その発症率は粗90%、死亡率は80%を超える、そんなものまで存在している。

またかつて猛威を振るった鳥インフルエンザ「H5N1」などは、確実に空気感染であり、しかも僅かな期間で鳥類だけではなく、豚や人間にまで感染力を獲得していったことを考えるなら、我々人類はこうした感染症との脅威と常に隣り合わせであり、この瞬間にも彼等と生存を賭けた共生、そして攻防を繰り返している。

もし人類がこうしたウィルスや細菌を完全撲滅しようとしたり、そうしたものが存在しない環境を作り出そうと考えたなら、そこに待っているものは確実な「人類滅亡」であり、生物界の頂点に立つ人類の上には、生物界の最下層、いやそれ以下に定義されている、生きているとさへ言えないような、ウィルスや細菌達が立っているとも言えるのである。

つまり生物界の弱肉強食のシステムはピラミッド型ではなく、砂時計のような形が連続している形、若しくはピラミッドの頂点が最下層に融合した、三角形を丸めた形のようなものなのかも知れない・・・・。

※ 本文は2010年10月5日、Yahooブログに掲載した記事を再掲載しています。

「人と動物を繋ぐ影」・Ⅰ

おそらく人類全体が抹殺されるほどの事態が引き起こされるとしたら、それは地球か太陽、または宇宙空間上の僅かな変化によって起こってくるだろう。

しかしそれ以外で人類が未曾有の危機にさらされるとしたら、この地球で最も小さな生物、いやそもそも生物とさへ言えないかも知れない、ウィルスによってそれが成し遂げられる可能性が高い。

戦争や災害は現在までのところ局地的なものであり、また一時的な状況だが、例えば蚊を感染媒体とするマラリアでの死者は毎年300万人前後であり、これがH5N1のようなインフルエンザが流行した場合、世界的に1000万人を超える死者が出る可能性が高い。

そしてこうした病原の初期段階は決定的なものではないが、総合的に人類の個体数を遥かに凌駕する動物で発生したものが、その後ウィルスの人間に対する感染能力獲得によって、人間にも感染していく一つの流れを持っている。

日本では「狂犬病」は克服された病気だが、アメリカやヨーロッパでは現在も狂犬病に感染して死亡する人が減少しておらず、WHO(世界保健機構)の調査では、2009年でも年間5万人前後が「狂犬病」に感染して死亡しているのではないかと報告されている。

「狂犬病」はこれを発症すれば死亡率100%の恐ろしい病気で、しかも人間には犬などのペットによって最も感染が広がり易い感染病原でもある。

2005年の結果だが厚生労働省の調査によると、日本でこの前年に「狂犬病」の予防接種を受けた犬は凡そ480万頭、しかし同じ年の日本ペットフード工業会の販売実績統計では、1245万頭の犬が国内でペットとして飼われている可能性を指摘している。

だとすると日本に措ける犬の「狂犬病予防接種率」は全体の38・5%と言う事になるが、例えばどんな病原体でもそれに対して大流行させないだけの全体的抗体を形成させるには、全個体の70%の抗体、つまり予防接種が必要となる。

日本は克服したとされる「狂犬病」ですら、今のところその病原体の気まぐれによって、感染の大流行が抑制されている状況と言える。

一般に人間と動物の間を移動する感染症を「人獣共通感染症」「動物由来感染症」と言うが、病原体にはウィルス、寄生虫、細菌、原虫、節足動物などが存在し、日本の家畜や野生動物が関連する病原体は大体150種に及び、犬や猫が関連する病原体はこの内30種前後である。

「狂犬病」(rabies)は哺乳類を中心とする「温血動物」が感染するウィルス性感染症であり、感染動物に咬まれることによって感染するが、これは犬だけと限定されていない。

日本では1950年に「狂犬病予防法」によって犬を飼うためには登録が必要となり、これと同時に予防接種が徹底されたことから、1957年を最後に「狂犬病」の発生は記録されていないが、こうした地域は稀で、世界的にはイギリス、ハワイなど一部の地域を除き、狂犬病のウィルスは拡大していると考えられている。

また「レプトスピラ症」(leptospirosis)、これは地方によって「秋疫」(あきやみ)、若しくは「七日熱」などとも呼ばれるが、一番有名なところでは「ワイル病」のことであり、病原菌は「レプトスピラ」(leptospira)、この菌を媒介するものは「ネズミ」である。

そしてこうしたネズミの天敵である猫には「猫ひっかき病」(cat-scratch disease)と「トキソプラズマ症」(toxoplasmosis)がある。

「猫ひっかき病」は猫の口の中や爪、血液中に存在する「バルトネラ・ヘンセレ」(Bartonella hennselae)が病原菌とされ、猫によって咬まれたり引っかかれた場合、更には猫に寄生している蚤に咬まれることなどによって、この菌に人間が感染する。

咬まれたり引っかかれたりしてから2週間以内、早ければ数日後には咬まれた部分が赤紫に腫れ上がり、進行すれば化膿し、最終的にはリンパ節の腫れを引き起こして、激しい痛みを伴うことがある感染症だ。

「人と動物を繋ぐ影」Ⅱに続く

※ 本文は2010年10月5日、Yahooブログに掲載した記事を再掲載しています。

「台風の中心気圧」

台風が発生するその動機は「寒気」だと言われている。

熱帯の海上に現れるごく小さな寒気に拠って生じる気圧差を卵として生じる低気圧、これが熱帯低気圧となり、温められた海面から生じる水蒸気をエネルギーとして発達した低気圧の形、これを日本では台風と表現する。

2020年9月2日に太平洋上で熱帯低気圧から台風へと勢力を拡大した「台風10号」この中心気圧は915hpまで低下し、さほど勢力を落さず九州西岸を北へ向かって、かすめて行く可能性が高い。

暴風域は280km、強風域は500km、通常台風の風速域は半径で表現されるから、この台風は暴風圏500km、台風の全体像としては1000kmに及ぶ、巨大勢力の台風と言える。

単純に中心気圧だけを取るなら、これまでも海上では900hpを下回る気圧の台風も存在した。

1979年10月6日に発生した台風20号は、その後10月12日、沖ノ鳥島南東海上で870hpまで中心気圧を下げ、日本に上陸した時で965hp、そこから温帯低気圧になって、オホーツク海上で950hpにまでまた気圧を下げた。

これだけではなく、日本が戦後気象観測を開始した1950年以降でも、900hp以下の中心気圧まで発達した台風は12個も存在する。

ちなみに沖ノ鳥島で870hpを観測した台風20号の気圧は、ハリーケーン、サイクロン、台風など、あらゆる低気圧中で最も低い中心気圧であるとされていて、いわば地球最強の低気圧だった。

今般2020年9月2日発生した台風10号、これが大きな勢力となった原因に付き、気象庁、他一般気象予報士は、日本近海の海水温の高さを最大要因と解説するが、例えば前出の台風20号が発生したのは10月である。

また地球温暖化の影響を唱える者も多いが、1950年以降で中心気圧が900hp以下にまで発達した台風のほとんどが、1980年以前に発生している。

この事から台風の勢力拡大の要因として、確かに海水温の高さはその一つの要因では有るが、これだけでは無い事を認識しておく必要が有る。

低気圧の勢力、エネルギーの本質は「拡大する速度」の影響が大きい事を憶えておくと良いだろう。

また一概に地球温暖化に拠って台風が巨大化しているのではなく、統計を見ても解るように1950年から1975年の25年間に集中して、900hp以下の低気圧が発生している事から、台風の勢力が大きくなる傾向は地球温暖化以外の要因を持っている事は明白な訳である。

こうして日本近海の海水温が上昇してくる原因は、地球温暖化や気温の高さより、むしろ海流や海の中深部、深層部に何らかの変化が出てきている可能性を考える必要が有り、特に北海道付近にここ数年停滞している暖水域などを考えるなら、大規模な地殻と地球表層部付近の変化が、発生し始めている可能性を排除してはならないと思う。

では気象庁門前払い、識者嘲笑の素人気象研究人の台風10号予測を始めよう。

台風10号は気象庁の予測通り進んでいく。

おそらく西の海上を北へ縦に上がって行く形になる為、九州全域と愛媛県西部、山口県西部が暴風圏航行危険半径に入る。

台風が九州に接近時の中心気圧は935hp、九州西岸を通過しきった時期でも960hpくらいの勢力を維持し、この間中心付近の平均風速は55mm/秒、最大瞬間風速は75m/秒を記録する。

この範囲が九州全土と愛媛県西部、山口県西部に及ぶ。

風の強い状態は、暴風圏に入ってから少し風が収まるまでに16時間、木造家屋は全壊に至らなくても、70%程で屋根が吹き飛ぶ、ガラスが割れるなどの被害を被る。

この為、九州で木造家屋に住んでおられる方は、9月6日3時までに貴重品を持って、鉄筋コンクリートの施設、或いは知人親戚などの家屋へ避難する必要が有ります。

こうした場合、政府は実際に被害が出ていなくても「緊急事態宣言」を出して、住民を安全な場所へ避難させる措置を取る事が望ましい。

また電柱は殆どが倒れるか、傾斜する可能性が有り、電気、ガス、水道のライフラインは甚大な被害を被り、最短でも4日くらいは使えなくなる可能性が有り、単体、若しくは少ない数で立っている木は、南西方向に開けている地域では全て倒壊するか、折れる。

南、南西に山が無い地域、橋の上では10トントラックでも横転し、一般的な乗用車は横転して飛ばされる。

この為、南西方向に山が見える所、或いは大きな鉄筋の建物の影に移動しておく必要が有るが、周囲の建物が密集している場所では、逆に煽り風でひっくり返される事から注意する。

自転車などは屋内に入れておかないと、後に交通障害の元になり、台風通過後の市街地道路は、落ちた瓦や屋根材が散乱して自動車の通行ができなくなる。

同様の事は主要幹線道、国道でも発生し、飛ばされた建物などに拠って塞がれた道路は、倒壊した樹木などと同様、撤去作業が終わるまで、自動車が通行できる範囲は限られたものになる。

コロナウィルス感染リスクと緊急避難措置は両立しない。

ウィルス感染は後に治療の余地は在るが、避難を怠って死亡したりし、後遺障害を被る恐れが有る場合は、ウィルス感染阻止を優先してはならない。

行政機関、消防や警察機構も暴風圏航行危険範囲に入っている時は、外へ出てはならない。

二次災害や二次被災に拠って被害を大きくするだけになる。

人命は尊いが、妻や子供の事を考えて耐えるしかない。

商業施設では、屋根が全て飛ばされた状態を想定して、商品や機材を頑丈な壁面付近に集めて保管し、南から西の方角に有るガラスには全て板を打ち付けるか、或いはビニールテープなどを貼って補強しておくことが望ましい。

台風通過後は大きな施設で残っている所を基地にして、そうした基地の数を増やしながらそこへ救援物資や医療品を供給する仕組みを取る事が望まれる。

更に台風の右後方には雨の領域が出易い事から、強風域の右下、場所的には関西から関東までの範囲で大きな雨が降り易く、この地域は水害に供える必要が有り、同様に台風の右後方には竜巻が発生し易い。

関西から岡山、広島、島根、鳥取、四国の太平洋側では竜巻にも警戒しておく必要が有る。

日本の木造建築物の瓦が飛散する限界風速は最高でも57m/秒で有り、ガルバリウム鋼板、トタン屋根の強度はこれより低い。

また90cm×90cm以上の面積がある窓は、例えアルミサッシでも、60m/秒以上の風に耐えられるかどうかは解らない。

台風内部では、これまでに調査した被害傾向から、例えば中心気圧が960hp程でも、細かい竜巻が発生しているケースが多く見られ、台風通過中は高潮の恐れも出て来る。

それゆえ、勢力が少しばかり弱まったと言っても、警戒を怠らないようお願いします。

天の禍に対しては、最大限の準備をしたら、後は祈るしか有りませんが、どうか誰も命を失わないように・・・・。