「罪の入り口と出口」

古代日本に措ける最大の罪とは「天津罪」(あまつつみ)と呼ばれるもので、その罪は8つの具体的な行為を指している。

「串刺」(くしさし)とは他人が開墾した田に串を刺し、そこが自分のものだと主張することであり、言うなれば人の田を横取りしようとする行為であり、「畔放」(あぜはなち)は畔を壊して田の水を流してしまうこと、溝埋(みぞうめ)は用水路を埋めて田に水が入らないようにする事、「樋放」(ひはなち)は田に水を引くための「樋」を壊す行為である。

また「頻蒔」(しきまき)とは他人の土地に種を蒔く行為であり、この他に「生剥」(いけはぎ)と言って、まだ使える馬を殺して皮を剥ぐことも大きな罪とされ、更には「逆剥」(さかはぎ)と言う罪では、死んでしまった馬の皮の剥ぎ方を誤りその皮を無駄にすることを指し、「尿戸」(くそへ)とは農耕神を祭る祭祀場を汚す行為を指していた。

このことから鑑みるに、日本の古代社会に措ける罪の概念とはすなわち、「農」に関わるものが殺人や暴行よりも重くなっていたことが分かるが、これは何を意味しているかと言えば、その当時の大衆社会に措いて、殺人や暴行が「農」を犯す者より少ないことを示していると言える。

つまり「法」と言うものは、それを犯すものが多くなれば法としての形を取り、尚且つそれでも対象となる行為が減少しないとき、「罰則」が定められるからだが、古代日本に措いては、いかに農耕が重要な位置にあったがこうした「法」によっても認識できる反面、このような「天津罪」を犯す者が如何に多かったかも、その背景からうかがい知ることができる。

だがしかしこれほどに重要な地位にあった農耕とその文化だが、貴族社会では全く農耕と無縁な生活が営まれ、例えば紫式部などは地方を旅したおり、「田んぼの中で農民が後ろへ下がるような仕草で、見た事も無い踊りを踊っていた」と記しているが、これは「田植え」だったに違いなく、このことから紫式部は「田植え」を知らなかったと言うことになる。

そしてこの「天津罪」の興味深いところは、この罪の結果が「個人」に帰結しないところであり、こうした罪が為されるとどうなるかと言えば、神が怒って災害が発生すると考えられていた点である。

日本神話では「素戔鳴尊」(すさのうのみこと)が高天原(たかまがはら)でこの天津罪を犯したために、天照大神(あまてらすおおみかみ)が怒り、「天岩戸」(あまのいわと)に閉じこもってしまう記述が出てくるが、この神話から見えるものは、「天津罪」を犯せば太陽が昇らなくなる、若しくは天候不順が起こるぞ、と警告する意味を持っていたに違いない。

それゆえもし私が「天津罪」を犯した場合、私はそれによって時の朝廷や、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)によって逮捕されることは無いが、そのかわり、その年に起こった地震や気象災害が全て私のせいだとされるのであり、これは牢屋へぶち込まれることが無い反面、ある種の無限責任を想起させるものであり、こうした点を考えるなら、古代日本の「罪」の概念はその原因と結果の2つに対処する方法があるとするなら、「原因」に対処したものだったと言うことができようか。

つまり犯罪を犯した者に対する罪の概念ではなく、犯罪を犯させない概念がそこに存在し、しかも罪に対する社会連帯、若しくは全体責任のような形が見られることである。

また罪の概念としてキリスト教文化、イスラム教文化は、基本的に人間の性悪概念から罪と言うものが定義されるが、古代日本で見られる罪の概念は人間と罪の分離である。

手が泥で汚れても洗えばまた綺麗になる。

人間もまたこれと同じであり、本来神々のおわします日本にはその決定的な悪は存在し得ず、人々の犯す罪は「穢れ」によってもたらされたものであり、その穢れを祓えば人間は善良なものであるとする考えが古代日本の罪の概念であり、これは薄く弱くなっていても、言葉にならずとも、現代日本社会で連綿として生き続けている「日本の概念」である。

「罪を憎んで人を憎まず」とは難しいものだ。

人を殺した者には応分の処罰を、また人殺しを許せばその人間がまた人を殺すだろうし、他の者も同じ事をするに違いない。

であるなら人を殺した者は殺されなければならない。

欧米の宗教は善と悪を区分けしてきた為に「悪」と言う概念を作り出してきたが、古代日本は人間に対して「悪」を作り出さなかった。

このことの持つ意味は限りなく大きい。

法や悪と言った概念は相対的なものであり、本来であれば人が人を裁くことはできない。

従って「悪」と言うものは「善」や「普通」であることに対する「異端」でしかなく、例えば殺人にしても、その殺された人間が一生に食するであろう他の生物からすれば、人間が死ねば死ぬほど自身たちの生存のチャンスが広がるのであり、彼らにとってはその事情など関係なく、人間が死ぬことは「善」となる。

私たちが「法」と呼んでいるものは人間にとって都合の良い「法」でしかなく、従って不完全なものでしかないが、近代に措いて世界を席巻した欧米の価値観は、法や慣習、文化についても人間の性悪概念を基調に、片方の「善」の概念を積み上げてきたが、その「善」は東西冷戦の終結とともに、悪の概念が消失したことにより、相対的に「善」の概念も軽くし、こうした中で「悪」の概念に傾いた価値観から、更に深い「悪」を求める社会を招いてしまった。

つまり国際社会はこれまで、罪と言うものがあって、その入り口と出口があるとするなら、出口を塞ぐことに終始し、入り口を塞ぐことをしなかった。

そのために経済と言うものによって劣化し始めた社会は、絶対的「善」から相対的「善」へと価値観が変遷し、このことはより貧弱な悪、劣悪な悪をして自身の「善性」を確かめるような風潮へと変わっていき、その中で罪を個人へ集積させるようになって行ったのである。

そしてこのことは欧米文化が持つ法的概念でも、建前上は「罪を憎んで人を憎まず」だった概念、日本に措いては薄くではあるが、どこかで深く大衆の価値観に根ざしていた同じ概念を全く消し去り、今日に至っては僅かな言動でもすぐに個人が攻撃され、その小さな罪をして、個人に対する全ての人間性までもが剥奪されるかの有様となってきている。

だが罪の本質とは、本当にその個人が全ての責任を負うべきものであるかと言えば、例えば家族環境、また仕事の関係、夫婦関係もそうだが、そうした社会的な側面が全く関与しない犯罪と言うものは存在せず、その意味に措いては罪と穢れを分けて考えた古代日本の有り様は、ある種の本質のように私は思えるのだが、これでは甘いだろうか・・・。

「罪を憎んで人を憎まず」、今では古い価値観になってしまったが、現代の日本社会にあえて私はこの言葉を進言しておこうか・・・。

 

「命への祝福」

脳に措ける神経細胞の伸び方は「雷」に似ているが、雷は厳密には上から伸びる電気と、僅かに下から迎える電気があり、これが連結して落雷となる。

しかしこの雷のシステムには明確な因果律が認められず、どこへ落雷となるかは地面からも迎える電気がある以上、運命論的な側面を持ちながら不確定性の範囲を出ない。

同じように生物の神経細胞もどちらか片方が伸びて何かに繋がるのではなく、繋がろうとする先からも、それに対するアクションが存在する。

例えばイモリやカエルなどの両生類では網膜から中脳へ繋がる視神経細胞を切断して、つまり視覚能力を失わせても、その細胞の結合は早い間に始まり、本来の機能ととほぼ同じ機能を持つ視覚能力が再生される。

だがこの際、最初のオリジナルの細胞結合、すなわちイモリやカエルが誕生するときに見られる神経細胞の結合は、細胞同士がまっすぐ伸びて結合されるが、オリジナルが切断された後再生される場合は、神経細胞の伸び方が迷っている、若しくは何かを試行錯誤しながら、相手を探すように結合することが知られている。

そしてこれがニワトリの場合、ニワトリの視神経も切断されると、やはりイモリやカエルと同じように再生細胞が伸びていくが、神経細胞が一度本来結合すべき方向と違う方向に伸びだすと、その方向へとまっすぐ神経細胞が伸びてしまい、これを修正できず、結果として神経細胞の結合は正常に行われない。

これに対して、では他のパターンで「バッタ」を見てみると、バッタでは細胞が分化していく箇所と他の細胞との位置関係が初めから決定していて、全く迷いも無く機械的なほど正確に細胞が結合していく。

このことからバッタの細胞には、基本的な細胞の結合関係が既に書き込まれていることが分かるが、この場合細胞間の関係はその個体の経験値によるものが少ない、すなわち最初から決定的なものだと言う事になる。

また生物に措ける「脳」は、神経細胞を始めとする膨大な量の基礎的生体情報処理機構が更に集合された、生化学的情報処理機構と言うべきものであり、ここに特筆すべきは脳神経系の「可塑性」(かそせい)と言うものである。

神経細胞は自己組織を持ちながら、その構造を自己変化させる、いわゆる「創造」の部分を持っていて、この為一般的に高等な生物となるに従って「最初から決定されている部分」が少なくなっているのである。

これらは、例えば「赤核細胞」のシナプスなどには、新しい芽(スプラウト)が出る「発芽現象」が起こることや、小脳の運動学習機能では「プルキンエ細胞」に措けるシナプス伝達効率の変化が起こる事をしても、「創造」と言うものを連想するに足るものだが、このようなシナプス結合の構造、また電気的化学変化に措いては、シナプス結合部のカルシウムイオンや、たんぱく質濃度変化にその素因が求められるとされている。

そして生物学的には生体の神経細胞は、生後特定の期間に発達を続ける事が分かっているが、有名な実験で、例えば猫を縦縞だけしか見えない、横線の見えない部屋で生まれた直後から飼育すると、この猫は「横線が見えない猫になってしまうが、これは視覚中枢系にあるのではないかとされている、「横線」に対する認識細胞の発達が遅れるためである。

また人間に措いてもこうした事は同じことが言え、乳児がそのどちらかの目を怪我した場合、眼帯は片方だけではなくその両眼を覆う必要があるが、もし左眼を怪我したとしたとき左眼だけを覆うと、右目の視覚に関連する大脳左半球の視覚神経系が右半球、すなわち左眼の視覚神経系の機能を補填してしまい、左眼が見えない状態で脳が固定され、結果として左眼が見えなくなってしまうのである。

人間の視神経系は生後1年以内にその発達が充分完成され、また人間の言語神経系は生後10年くらいまでは成長するとされているが、こうした神経系の発達は緩やかな均一性を持っておらず、その成長には加速度と言うものが存在する。

つまり人間の視覚神経や言語神経は急速に発達する時期を持っていて、こうした時期を「臨界期」(critical period)と言うが、人間の神経系はこうした「臨界期」に措いて、その機能を外界に晒して経験させることが必要になる。

人間の神経系発達はつまり、持って生まれた基本的な構造と、自分以外の「外世界」に接して得られる経験的相互作用の両方に依存しなければ完成せず、持って生まれた基本構造と、外界に接して得られる経験作用は車の両輪のような関係にあり、このことから子供が「臨界期」に「外世界」に接しない状況に有れば、当然視覚神経系も言語神経系も、同じようにその充分な発達が得られないことになる。

生物の脳は一般的に高等とされる生物ほど、「固定されたものが少なくなる」と言う事はこうしたシステムの為に、すなわちその「可塑性」のゆえに必然とされるもののようだ。

このことは何を意味しているかと言えば、その根底には「生存」や「安定」、「幸福」と言う事実が「人間」が生まれる以前から生命の歴史の中をとうとうと流れている事を意味していないだろうか。

人間の構造は繊細かつ高度な機構を持っている。

しかしこうして高度な機構を持っていることが、その生存を保障する要因の全てでは無く、その時代の社会や環境に適応していかなければやはり生きていけない。

それゆえ生命の流れは、人間が生まれた時既に持っている機能に社会環境を適応させて、その脳を構成させる仕組みを人間に与えたのではないか・・・。

それが人間の「最初から決定されている部分が少ない」事の本質なのではないだろうか。

我々はもしかしたら自身が生まれる遥か以前から、生命の歴史によって最大限の祝福を受け、あらん限りの贈り物を両手に抱えて、生まれて来ているのかも知れない・・・。

これから生まれて来るあらゆる生命に私も祝福を送ろう・・・・・、

ようこそ地球へ・・・。

 

 

 

 

 

「好悪の等価性」

中国共産党の創始者、初代指導者の「毛沢東」(もうたくとう)はこんなことを言っている。

「いつまでも仲良くしたいなら、仲良くしないことだ・・・」

卑屈が極まって拡大し、表面的には大きな人間性を獲得したかに見えた彼らしい言葉では有るが、それだけに軽薄な人間性を謳い続ける歴代合衆国大統領などの言より重いものがある。

人間の関係に措いて最も理想的な形とは、実は良好な関係をしてそれを求めることは出来ず、またその関係が悪化しているからと言ってそれが悪いと言うものではない。

実は人間と言うものが気にするその関係に措いては、良好な関係、悪化している関係も同じような「縛り」、「拘束」を持っているものであり、これから判断されることは自身に取って最も理想的な関係とは、そこに何らかの「利」があれば、相互の関係が良好であれ、悪化であれ、良い関係であると言える。

また「利」とは金銭や物品の供与を受けるだけではなく、その関係によって得られるあらゆる自身に対する「有益性」を指していて、これには勿論心情的な満足感も含まれるが、こうした関係に措いて自身が「有益性」を享受するためには、等価の有益性が相手にも供与されなければならず、またこれが心情的なものなら、同じく等価の心情的供与が相手にも成されなければ一般的な意味での良好な関係とはならない。

従ってこうした良好な関係と言うものはあらゆる意味で「許容された拘束」、または「自主的な拘束」と言うものであり、この観点から敵対する関係と言うものも、実は相互による何かの奪取、同じ目的に対する執着、または心情的な優位性の競合と言う、良好な関係に置いても中間命題となる要素と同等のものを包括しているのであり、それゆえ良好な関係と悪化している関係は基本的に近いものか、若しくは等しい。

そしてこうしたことを更に突き詰めるなら、良好な関係に措いては人間相互に物品であれ、心情であれ何らかの相互供与が発生し、ここでは供与の際に相互を行き来する間に「ロス」が発生していく、またこれが悪化している関係に置いては「譲歩」や「妥協」と言った相互供与の反対の命題が現れるが、これは同じ紙の裏と表のようなものであり、これも「ロス」や「労力」が発生し、従って良好な関係も、悪化している関係も基本的にはその人間にとって、何らかの「損失」を生むものだと考えた方が良く、この点では「毛沢東」の言葉には整合性がある。

唯、こうした理論には反論も勿論有るだろう。

自分は円滑な友人関係、または夫婦、恋人関係でとても有益かつ幸福になっていると言う人も多いことだろう。

しかしそれは自身が知らないところで、誰かの労力が無償化していると言うことであり、誰かが心情的に我慢していると言うことの事象が見えていないだけに過ぎす、こうした意味では経済でも同じことがある。

例えば2つの町内の境界線付近で、2つのケーキ屋が存在し、互いにその存在を知っていて仲良くしていたとしようか・・・。

ところがある日を境に片方の町のケーキ屋の売り上げが急激に伸びてきて、これはおかしいと思い、このケーキ屋の主が隣町のケーキ屋を訪れたが別段何の変化もなかった。

しかしそのケーキ屋には親戚に多額の負債を抱えたものがいて、この保証人になっていると言う事情があり、そのため金に窮したこのケーキ屋では満足な材料を買えずに苦しいことになっている現状から売り上げが急落し、結果として一方のケーキ屋の売り上げが急増している事実は伝わらない。

実は本人が良好な関係によって得られていると思っているもの、その関係の連鎖の中には必ず弱体化した存在があり、それが被っている損失、これは心情も含めて全てそうだが、こうしたものによって得られているのであり、また良好な関係があらゆる面で結束して外に向かったときは、ここに集団として完全に「利益」が目的となることから、これは既に人間関係ではなく経済活動、政治活動を付帯した連携となるのである。

そしてこうしたことはまた世の常であり、幸福な者、豊かな者が存在すれば、それと同じだけの小さな不幸や貧困の集積があり、限定された地球と言う中で経済がいくら発展しようが、利益が出ればそれと同じだけの不利益が発生し、しかもそれが相互にやり取りされている間に「ロス」を発生させ、結果として膨らんだように見えながら、その実態はどんどん軽くなっていくことになる。

人間の良好な関係と言うものはこうしたものと同じことなのである。

それゆえ人間関係に措ける理想的な形とは、その本質を言うなら「安定」にあり、しかも幸福でもなければ不幸でもない状態を指している事になる。

毎朝電車で出会う人間の中で、良好な関係を築こうとすればそこには何らかの「供与」が必要になり、例えば相手が綺麗な女性なら、彼女にしたいと言う目的が発生し、また居酒屋で一緒になった隣客との会話には、何某かの自分の有利性やチャンスを感じるのが人間の心情と言うものである。

そこでは少なくとも「挨拶」や「笑顔」と言った労力が必要になり、これが敵対する関係でも同じように「顔をしかめる」、「意識して無視する」、または「気分が悪い」と言った感情的労力を要するのであって、その延長線上には強弱はあっても「対価」が存在し、この意味でも良好な関係と悪化している関係は同じようなものなのであり、友人や恋人などと言った関係では、更に大きな労力を要しないとその関係を維持することが叶わず、これは本質的に大きな敵と相対していることと等しい。

また人間関係でその理想を「安定」に求めるのは、例えば敵と友人の真ん中に自分が存在したとして、この中で友人側に自分が傾くためには更に友人に対する供与の増加が必要になり、また友人との関係が希薄になれば敵の勢力が相対的に自分に及んでくることから、結局現状がbestであるなら、そこから動くと自分から出て行くものが増加していくことになり、対費用効果として鑑みたとき、これは友人との関係を強化するのも、敵対する者の勢力が増大することも同じ損失を生むのであり、このことは日本とアメリカ、中国との関係を考えれば良く理解できるだろう。

友人のアメリカも、最近少々敵対気味の中国も、日本にとっては同じように不利益になってきていて、これは「安定」が崩れてきているからだ。

更にもう少し言うなら、良好な関係でも日々によって、またその日の心情によってもその関係の中では密度の増減を繰り返していて、これは悪化している関係に措いても同じで、やはりその関係の悪化する度合いは日々刻々と、また相対する他者との関係の中で密度の増減を繰り返している。

それゆえ「いつまでも仲良くしたいなら、仲良くしないことだ」とする言葉は確かに「理想」ではあるが、そんな関係は地球で人間として生きるなら、有り得ないものと言うことが出来るだろうし「安定」と言うものもまた同じことだろう。

私は拝金主義者の上に守銭奴だから、儲かることも好きだが、それ以上に損をしないことが大切だと思っていて、その意味では敵味方の区別がなく、大きな儲けはどこかで人の恨みを買いそうだから、人が気づかない程度、「仕方ないかな」と思う程度の利益をいつも望んでいて、しかも尚且つ人間関係は、プラスマイナス0になることが望ましいと考えているかも知れない・・・。

 

 

 

童話「サラの不思議な大冒険」

「今」と言う文字の概念は「傘」と「一」に始まりが有って、「集」の意味を持ち、「集」とは現在の状況のみを指してはいない。

遠く過去から用意されてこの時に及んでいると考えられてきた。

「今」とは常に過去から準備され、用意されて来た瞬間の連続なのである。

全くの偶然でしたが、ブログを通して知り合ったメンバーと「童話」を作る事になり、昨年から制作を始めていましたが、第1話が完成しましたので、公開します。

1度も会った事すらなくて、でもある意味自分の理解者とも言えるメンバーとの出会いは、文字通り「今」の概念と言え、それは有り得ない確率が積み重なって、色んな出来事が有って、繋がるはずもない糸にして、絶対的なものだったのかも知れません。

その意味ではこの「サラの不思議な大冒険」と言う「音楽絵本童話」は、最初にそれが在って、遠く過去から準備され、私もその為に、集められたと言えるのかも知れません。

ウィルス・パンデミックと言う「今」を考えると、なぜかそんな事を思ってしまいます。

この企画に参加させて頂いた事を嬉しく思います。

本作品は5話連続の予定です。

では「サラの不思議な大冒険」第1話、お楽しみください。

Tadashi-Asada

「濃尾地震震源域」

1891年10月28日に発生した「濃尾地震」は現在の気象庁数値基準でマグニチュード8・0、最大震度7の日本国内陸地地震では記録上最大級の大地震だった。

また震央は必ずしも一致していない可能性も有るが、745年、1586年にもこの地方に大きな地震が有った事が記録として残っている。

この3つの地震に鑑みるなら岐阜県中南部を震源とする大地震の周期を500年から600年と観る事もできるが、3度の記録だけでこれを統計的周期と考えるのは危うい。

しかし2020年4月22日から始まった長野・岐阜県境群発地震の中には、時々炭火が少し遠くへ飛んだように、1891年に発生した濃尾地震の震源付近へ近づいているものが有り、2020年4月30日に観測した震度2の地震は北緯35,4・東経136,8であり、濃尾地震の震源地が北緯35,6・東経136,6だった事に鑑みるなら、何とも不気味な感じがする。

長野・岐阜県境群発地震を何らかの大きな地震の前兆と考えるなら、北海道南部、九州南部に大きな地震発生の確率が高いと予想されるが、長野・岐阜で大きな地震の可能性を考えるなら、濃尾地震の震源域を避けて通れない。

実際、濃尾地震発生の3日前には震度3の前震が観測され、その以前にもこの周囲には微弱地震が多く発生していて、その微弱地震の震源は必ずしも岐阜県だけではなかった可能性が有る。

つまり今回のように長野・岐阜県境付近の微弱地震発生も発生していて、濃尾地震が発生した可能性も否定できないのである。

この地震断層は仮定の領域では有るが、福井地震(最大震度7)を起こした福井地震断層から三河地震(最大震度7)の震源となった深溝断層(ふこうず・だんそう)まで連続する巨大断層と観る事もでき、この観点に鑑みるなら、1891年に発生した濃尾地震でも、地表に現れていない断層が存在しているものと考えられる。

その上部端末が2020年4月30日に発生した小規模地震震源付近なのである。

この事から、引き続き岐阜県南部はより一層の警戒を要し、確率は北海道南部や九州南部より低いものの、濃尾地震級の陸地地震も警戒する必要が有る。

今のところ長野・岐阜県境群発地震はこのまま終息し、4か月以内に北海道南部、九州南部で最大震度6以上の地震発生確率が一番高いが、次に高い確率として規模、最大震度の予測はできないが、濃尾地震の震源付近で震度5以上の地震と、長野中部で震度5クラスの地震発生確率が存在する可能性が有る。

警戒する重要性の順位として北海道南部、九州南部が同じ確率で上位、岐阜県南西部で震度5以上の地震発生確率がこれに続き、長野県中部で震度5クラスの地震発生確率が下位となるが、被害の大きさを考えるなら、岐阜県南西部は北海道南部や九州南部と同じくらいの警戒が必要かも知れない。

ただし、1891年の濃尾地震とその前震の関係を考慮するなら、2020年4月30日から起算して、7日以内に大きな地震が発生しなければ、岐阜県南西部の大きな地震発生確率はかなり低くなる。

長野中西部、岐阜南部、北海道南部、九州南部にお住いの方は、くれぐれも注意してお過ごし頂ければと思います。