「震災の記録」

阪神淡路大震災から25年、地震の資料を集め始めて既に45年の歳月が過ぎ去ったが、そこで思う事は、日本の防災意識に関する危うさかも知れない。

それらしくお利口そうになったが、現実には何にも役に立たない。

むしろ40年前より悪くなっているような気がする。

地震の資料は、古くは公家や武士、或いは僧侶など墨と筆が手に入り、文字を書ける人間に拠って記録された。

それゆえ、どこかでは浮世離れした独特の世界観に拠る記録が多いが、これが江戸時代になると、商家などでも体験的記録が為されるようになって行く。

そしてその時の意識がこうだ・・・。

「この事を書き記して、後世に伝え置く」

安政年間の関東大震災に際し、地震の前に井戸水の水位が変化した事を書き記した、この商家の主が末文に記した思いは、「未来の人」に向けたものだった。

また1923年の関東大震災時には、当時の文部省が「大日本地震資料」を編纂し、この中では民間の地震前の兆候報告なども記載されているが、怪光現象、事前の地鳴り現象、気象的変化までもが克明に記録されている。

明治の東京帝国大学(現在の東京大学)では関谷清景教授が、雉の鳴き声と地震の関係について、実際に雉を飼育して関連性を研究し資料に残しているし、1923年の関東大震災時には、やはり東京帝国大学の中村左衛門太郎教授が、井戸水の濁りと異臭騒ぎに対して調査をし、それを記録している。

現在の東京大学教授は、独自の力学的理論は語っても、こうした庶民が現実に抱いている疑問に対して答えているだろうか・・・。

権威を振りかざした自身主張の正当性だけを主眼にしていては、江戸末期の商家の主の意識に及ばないどころか、未来の人の道を誤らせるのではないだろうか・・・。

さらに時代は下り、第二次世界大戦後でも、様々な研究機関や民間研究者が大地震前の前兆現象記録を取ったり、アンケートを実施したりしているが、この傾向が一挙に方針転換して行ったのが、1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災だった。

この震災で神戸市は初めて記者発表と言う、個別取材を廃した記事提供方式を採用し、ここから日本の報道取材体制がサラリーマン化して行ったのだが、それ以外にもこの地震は戦後日本が他者の事を考えられる余裕が出るようになって、初めての大きな地震災害だった事から、民心の情緒化が顕著になって行った背景を持つ。

バブル経済崩壊に拠って彷徨った人心は災害による結束にすがる傾向を持ち、ここでは過剰とも思えるメンタル重視の傾向が現れ、以後震災の度にこれが繰り返されることになった。

およそ人の死に上下はなく、自然死、事故死、自殺、病死、災害に拠る死も、どれもが等しく尊厳を持つ。

しかしバブル経済崩壊に拠って自信を失った日本は、災害で結束する事で皆が集まれる場を得たようなものだった。

私にすれば、餓死した人の事は省みられず、震災での死者のみがクロースアップされて行く報道に嫌悪感すら感じていた。

神戸ルミナリエに見る災害の「祭化」、人を呼ぶ事を目的とする形は、どう考えても死者を冒涜する思想と背景しか感じられず、以後人口減少が急激に始まっていく日本社会は、災害以前に急速な経済収縮が始まっているにも拘わらず、「復興」と言う停止した状態の仮想経済体制を目指すことから、現実には下がり続ける地方経済の現実に追いつかず、街並みは綺麗になったが人がいなくなる「幽霊復興」となって行った。

地震の記録も阪神淡路大震災以降、不安定化した社会に拠って、科学的根拠と法的責任の重要性偏重に傾き、前兆現象のアンケートすら取る者がいなくなった。

例えアンケートが取られても、今の状態とメンタルだけになり、「この悲惨な災害を後世に伝える」だけになってしまい、安政年間に商家の主が残したような「未来の人」への思いはなくなったのである。

もし私が今大きな地震災害から逃れらないとしたら、何を考えるだろうか。

きっと子供や妻や、親の事を考えるだろう。

彼らが生き残ってくれる事を考えるだろうし、これから先に生まれてくる命、今生きている若い命を考えるだろう。

彼らが将来同じ災害に遭遇した時、それを避けられるように何か一つでも残したいと思うのではないか・・・。

決して皆で集まって悲しんでくれたり、祈ってくれる事を望まないと思う。

それより、残った人達が幸せに暮らしてくれる事を望むだろう。

災害を自身の心の糧にしてはならないし、ましてや祭りにして悲しみの中に自分を甘やかせる事は許されない。

今の日本は自分たちの事しか考えていない。

貧しい中でも、激動する時代の中でも「未来の人」を考えられた安政年間の商家の主のスタンスは偉大だと思う。

少なくとも私は、震災の記録を「悲しみの記録」にはしたくない。

いつか未来に措いて、だれか1人でもそれに拠って助かる人間が出る事を信じて、記録としたいと思う。

私の震災の記録は「未来への希望」でありたいと思っている。

「祭りと言う観光資源」・2

 

だが、こうした祭りが変遷を始めたのは昭和40年代後半からだろうか、経済が豊かになり、一般大衆が気軽に旅行できるほどの社会になった頃から、祭りは地域と言う「内」から完全に「外」に向かう事になるが、それを象徴する言葉が「観光資源」と言う言葉であり、地域が持つ祭りを「資源」と考え始めた頃から、祭りの本質は「祭り」から「フェスティバル」へと変わって行った。

すなわち神道の儀式と言うあらゆる合理性の外にあるものが、資本化されると言う合理性の波を被ったのであり、ここで資本化された祭りは、儀式本体と人の集まりの分離を起こしていったが、考えるに国連憲章の宗教の自由と言う発想は、こうして日本の祭りを考えるなら、資本主義の一部であるかのような姿を現し始めたのだった。

そして「正義」が必ずしも人の暮らしに幸せをもたらすとは限らないように、またスペインによって文明と言うものと接触した南米の先住民族が、「風邪」によって滅んでいったように、日本の祭りもグローバル化と観光資源化によってその内情は衰退を始めて行ったのであり、結果として地域は祭りを取り上げられ、そこから自主性を失って行かざるを得なくなってしまった。

人間にとって最も危険なことは、労せずして得られる快感であり、これは麻薬がそうだが、同じように企業にとって最大の危機は、何もしなくても金が貰える状態であり、この場合は補助金と言うことになるが、祭りの危機とは、やはり同じような原理で発生してきた、行政や「誤解された文化」による祭りへの介入と言うものだ。

観光資源化された祭りは、まずその経費負担が住民から行政へと移行し、これに伴って地域社会は緩やかな結束を失うが、そこへ参入してくるものはグローバル化し、どこかで勘違いしている、自分を文化人だと思っているボランティアや地域リーダーと言う存在だ。

彼らはおしなべて都会と田舎を繋ぐと言う自負心を持っているが、彼らの中に有るものは「自負心」と、自分は田舎者とは違うと言う「自尊心」がその原動力であり、ここにはしっかりした歴史的背景や、非合理的なものの中にある存在を容認できる寛容さがなく、そこから祭りの本旨であった儀式の形骸化が始まり、外に向かうだけが唯一の価値観のような傾向が始まって行く。

やがてこうしたことが何年も続くと、地域住民は観光の為に祭りをしている意識となっていき、そこには祭り本来の精神性が完全に失われ、それまで地域住民の寛容な気概で振舞われていたものが、今度は地域活性化と言う「責任」となって地域住民に迫ってくることになる。

また勘違いした文化論者は次に「保護」を名目に祭りを考え始め、ここでも議論されることは祭りの意味ではなく、いかにして人を呼び込むかと言うことが主眼となり、やはり祭りは保護されるどころか、ますますその資源化傾向を強めていき、ここについに人に見せるだけ、マスコミ取材のためだけの祭りが発生してくる。

そしてどんどん衰退する地方は、言わばマスコミ中毒、何某かの都会からの反応がないと寂しくていられなくなる状態になり、今度は根拠のない新しい祭りを始めるようになるが、もともと存在した祭りでさへ継続が難しい現状でのこうした傾向は、伝統ある祭りを更に衰退させる要因になっている。

つまり祭りは既に、かなり無理して観光の為に地域が無料奉仕しなければならない「見せ物」になってきているのである。

地方では人口の高齢化から、それまであった神社の維持が難しい地域が現れ始めているが、私にはどこかでこうした神社や祭りが、観光資源として資本主義に食い荒らされて捨てられたような印象がある。

観光資源化されなかった地域の地蔵や、石を道祖神とした「石神」などには、その地域にどれだけ人がいなくなっても、今も花が供えられ、粗末であっても供物が捧げられている。

実に神や祭りに対する思いとは、こうしたことが基本ではないかと思うのである。

観光資源といえば何となくそれらしいが、およそ1人の人間よりはるかに長い歴史や経緯を経てきた自然や伝統文化に対して、高々80年ほどしか生きられない者がそれを金に換えたようなことを思う、その貧乏臭さと傲慢さに今の日本の窮状が重なってしまうのは私だけだろうか・・・。

 

 

 

 

「祭りと言う観光資源」・1

御幣(ごへい)と言うものをご存知だろうか、あの神社や正月のしめ縄飾りの下にくっついている和紙製のヒラヒラしたものだが、あれを作るのは難しそうに見えて実は比較的簡単なものだ。

長方形の紙を長い方を平行にして2つに折って、そこに切り込みを入れ、折り曲げていくだけの単純な構造だが、ためしに昨年のものでも良いから、もし近くにあったらその紙を開いてみると良い。「なーんだ、こんなものだったのか」と思うはずである。

そしてしめ縄飾りは基本的に「稲妻」を表している。

米つくりに必要な雨ををもたらす雷、その激しい稲妻を表現したのが「御幣」と言う事になるが、祭りで打ち鳴らされる太鼓もその源は「雨」若しくは「雷」を表現したものであり、祭りとは神と一緒に儀式を執り行い、その1年の豊穣に、また春であれば1年の無事を祈願して、神とともに「過ごす」または「食す」事を指している。

それゆえ基本的に祭りは見せ物ではなく、その儀式などは真夜中から始まるのが倣いと言うものである。

神社の運営や維持はその地域に住む住人、これを氏子(うじこ)と言うが、氏子によって行われ、祭りも基本的には氏子の為にある。

つまり祭りの本質はその地域に住む住人のためにあり、神を御祀りし、その繁栄を同じ場所で祝う事を指しているものだ。

また祭りは日本文化の古い形態を成すものであることから、そこには希薄になりつつも平安時代や封建社会の仕組みを残していて、ここでも見えてくるのは「地域」と言うものである。

通常祭りはその地域に住む住民などの寄進によってその費用が捻出され、毎年交代か順番で世話役が決められ、この世話役が祭りを仕切って行くが、ここで中心となるのは神社と住民を繋ぐ役割をする「宮総代」(みやそうだい)と言うものの存在であり、これは同じ形態で寺と住民を繋ぐ「門徒総代」(もんとそうだい)と原理は同じものだ。

さらにこの祭りの規模が大きいとき、地域が広い場合は、それぞれの地域が代表を立てて、それらの者たちが祭りを仕切るが、ここでも基本はその地域の人、と言うことができるだろう。

だから祭りの本質はその「地域」にあり、決して外に向かってはいないのが普通である。

祭りの賑やかさと言うものは、その地域の繁栄を示すもので、この思想の底辺には一族の者が増えていく事を喜ぶようなところがあり、従って祭りの参加者と言うものはその地域の人、そしてその地域から外へ出て行って生活をしている地域ゆかりの者たちが集まって、これを祝うのが本旨であり、この点から言えば、それ以外は部外者である。

つまり地域にゆかりの者ではない人間は、祭りでは「無」と言う存在になる。

この「無」とは何かと言うと、オブザーバーと言う事になろうか、歓迎しないわけではないが、祭りの全てに首を突っ込めない立場とでも言おうか、そうした存在を指している。

古い形態を残す祭りでは、通常一般家庭でもその地域に存在する家は祭りになると、全ての家が料理や酒を用意し、その道路を通過する者は誰でもどの家に入っても構わず、そこで酒食のもてなしを受けることができたが、この場合、物乞いには先に施しが行われたことから、祭りの日には出歩かないことなっていた。

そしてここでもてなしを受ける人だが、近郷近在の村の誰であるかと言うことが分からねばならない、すなわち素性が分からない者はもてなしを受けることが難しかったのだが、それでも祭りのある村のどこかの家の関係者、たとえ遠くても親戚であるとか、また家人の友人とかの場合はやはり丁重に扱われた。

だから祭りとは結果としてその近郷近在の者たちがたまには顔を会わせ、そして普段農作業で忙しく、男女とも出会いがなかったことから、若い男女の貴重な出会いの場ともなっていたのであり、娘たちはかんざしを挿し、綺麗に着飾ってこの日ばかりはと力を入れていたのであり、この場合いかに沢山の人出があろうとも、誰かに聞けばその個人の素性を大まかにでも特定できた、つまり祭りの参加者は全て「縁者」だったと言うべきものなのだ。

こうしたことから、祭りを考えるなら、一般の部外者である見物人はどう言った立場になるかと言えば、それは祭りのおすそ分けを頂いていることになるが、それを迎える地域と言うものはまた、そうした者たちに幸運の施しをしている気概を持っていたのである。

それゆえ祭りとは表面上「外」に向かいながら、その実大変「内向き」な要素を持っていて、これが本来祭りが持っていた特性とも言える。

 

「子年」

子年の「子」は陽の始まり、新しい何かが芽を吹く兆しですが、これの正は真夜中の12時にして早く進み、ゆえに吉凶どちらにしても展開は速くなる。

方角は北であり、北は集中の兆しと鋭角であり、最後は点となる。

陽は元々滑らかさの無いものであり、形で言うなら切っ先が鋭い金平糖、言葉で言うならイガイガの要素を持ち、変化が多く急、これに北の方角が加わると、吉凶どちらも急にして他が見えにくく、吉の深さと凶の深さでは凶が深く、吉は浅くなる。

それゆえ子年はチャンスも多いが成功は小さく、失敗した時は大きくなる。

被さる仏は千手観世音、千手はあらゆる事に器用だが、何でもできるは何も出来ないに等しい(言葉通りに解釈してはいけない、何もしないは究極の動であり、これが何も出来ないは仏の極太)

五行で言うなら「水」だが、大河、湖とは趣を違える。

動きの早い水であり量は中の下、基本的に災禍の後に始まるものにして、この以前には滅(草木が枯れる)があり、滅が無い時は動きの早い水を不完全と解釈し、この時の水は隠れ、大きな滅へと繋がる。

解り易く言うなら、あらゆる事が小手先、中途半端になり易く、この年より前に水溜り(禍」を避けていると次の芽が曲がってしまい、結果として大きな水溜り、禍に繋がる恐れが出てくると言う事である。

子年は他の干支に比して幸運、繁栄側に少し傾きが有る。

が、これらはどれもが小さく、積み重ねる事を意識しなければ幸運、繁栄もまたバラバラになり、効力が薄い。

予め人の世は凶事九、好事一のものであり、数の多いものほど因縁を持つ。

為に子年の吉凶は本来同じ深さのものに在りながら、因縁に拠って広がる凶事が深くなる。

道理の薄くなる卦が有り、人心は直感、感覚に拠って動く事が多くなる。

理論的な展開、整合性よりも感情が優先される事が多くなる傾向に有り、これが長じれば知らぬ間に世を惑わす。

驕った心を抑え、落ち着いた対応を心がけるなら、例え小さくても好事を積み、目的を達する事もまた難しからず。

小手先やその場を凌ぐを積み重ねると、成功しているように見えながら、最後に無以上に帰する。

やり過ごすや逃げるは、本来解決からは遠いものである事を忘れてはならない。

世界が第二次世界大戦から完全に復活したのはヨーロッパが1983年、アメリカが1986年、日本が1990年だと考えた方が良い、つまり世の中が物余りになった時点をして、世の人々に行き渡る物が完了したと言う事なのであり、これ以降は物の生産を調整しなければならなかった。

しかし繁栄の幻影から逃れられない世界は、以後30年近くも幻を追いかけ、ようやく現実に追い詰められ、次の何かが始まろうとしている。

滅から新たな芽が出てくる兆しそのものと言えるが、この芽はしっかりとした滅が在って成り立つものであり、その以前に滅を逃れようとした者は苦しむ事になる。

日本だけではなく、世界はこれから経済を拡大させるのではなく、どう痛みを抑えながら経済を縮小させて行くかを考えなければならない、分岐点に差し掛かっている。

子年のチャンスは吉凶両側に開かれている。

その場凌ぎ、現実を逃れるなら、先に待っているものは積もりに積もった凶事と言う事になる。

 

新年、明けましておめでとうございます。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

「延喜式・大祓い」

今年を一字で現すなら、「災」だったのでは無いかと思います。

中、大規模地震に脅かされ、日本全土が災害から復活する間も無く、次々気象災害に被災しました。

デフレーションは一般庶民に取っては富の蓄財の好機ですが、これを悪とした経済至上主義の政策、紙幣の増刷に拠るインフレーション経済の導入は見事に失敗、消費税増税に拠り雑巾を搾り取るが如く一段と深化した、厳しいスタグレーション経済となってしまいました。

新しい流通と期待されたネット流通ですが、蓋を開けてみれば一部の大手ネット組織が高額な手数料を設定し、或いはサービス負担の増加、血も涙も無い契約に拠る締め付けなど、既に公正取引委員会に告発が上がる状態にまで腐食してきています。

これなら問屋と小売と言う、従来の流通機構の方がまだマシだった、と言う声すら聞こえて来るのもやむなしの仕儀と言えます。

来年はオリンピックと言うイベントも控えていますが、商業主義からチケットが5万円、6万円の世界、宿泊料金は何十倍と言うケースも出てきています。

これらが及ぼす経済的損失は既にオリンピックに拠る収益を超えているだろうと思いますし、何より打ち続く地震、気象災害と、朝鮮半島情勢は、既に地球で一番危険な地域と言う認識を国際社会に醸成しています。

本来はスポーツを通して国際親善をはかり、スポーツマン精神に則った競技に拠って、人心の高揚を目的とするものが、その全てに措いて反対側の精神となっているイベントの意義が問われていますし、近年日本の災害発生率を考えますと、オリンピックは失敗する可能性が極めて高くなっているように思います。

その意味で来年、令和2年は、「災」からさらに、これが連結した「禍」になって行くような気がしますが、こうした中でも私達はペースを崩さず、節約できるものは節約し、出費を抑制し、耐える事が求められる年となるでしょう。

よく政治が悪いと言いますが、日本は言うに及ばす世界的にも、庶民に取って良い政治だった時代は一瞬たりとも存在した事が有りません。

政治と民衆は常に対立のものですので、これに期待するのは初めから意味が無い事です。

政治や行政、他者に何かを求めず、自分のできる努力は自分でしか為しえないものです。

日々の怠惰と不摂生を慎み、注意を怠らず謙虚な暮らしをする努力、こうした中にこそチャンスは舞い降りてきます。

「神は自らを救う者を助ける」です。

どうぞ努力を怠らず、来年、令和2年が皆様の上にチャンスが舞い降りてくる年でありますよう、希望し致しております。

最後になりましたが、「大祓い」の祝詞を掲載させて頂き、今年最後の記事とさせて頂きます。

 

「延喜式・大祓」

「罪という罪はあらじと、速川の瀬に坐す瀬織つひめという神、大海の原に持ち出でなん。かし持ち出で往なば、荒塩の八百道の、八百道の塩の八百会に坐す速開つひめという神、持ちかか呑みてむ。かく気吹き放ちては、根の国、底の国に坐すさすらひめという神、持ちさすらいて失ひてむ」

どうぞ良い年の瀬、新年をお過ごしくください。

この1年間、夏未夕漆綾のサイトをご覧頂きました事に付き、謹んで御礼申し上げます。

有り難うございました。