「地震の音」

関東大震災では地震発生以降多くの研究が為され、様々な証言が資料として残されたが、この中で地震が発生する前の異常現象として一番報告が多かったのは「異常な色の太陽」で、その次が「音」だった。

毎晩大砲を撃つようなドーン、ドーンと言う音が鳴り響き、同じような現象の記録は安政江戸地震発生の際、商家に残された記録の中にも見て取ることが出来るが、この地震が発生する前に聞こえる音は実に千差万別で、早いものだと数ヶ月前から始まり地震発生直前まで、多様なバリエーションを持っている。

ドーン、ドーンと言う音は比較的一般的な「音」であり、これは地震発生一週間前間から前日にかけて聞こえる場合が多く、地震の規模も震度4ぐらいの規模から聞こえる時が有り、更には震源から離れた地域でも聞こえる場合が有るが、音から音の間隔が等間隔である事が特徴かも知れない。

また「ゴー」と言う音や「ドドド・・・」と言う音が聞こえる場合は、地震発生まで数ヶ月の場合と、当日発生するかのどちらかと言うケースが多く、この音は比較的長く続きながら、時々止まって不定期のケースが多く、地震の規模は殆どの場合強震以上となっているが、「ザザザ・・・」と言う波のような音の場合も有る。

更には地震発生直前に、まるで鼓を打ったような「ポン」と言う音がしたと言う、江戸時代の記録がたった1件だけ残っていたが、当初私はこれは何かの偶然で地震と音が重なったものと思っていた。
しかし2年前に静岡県の方から同じ問い合わせを受けた事から、地震発生直前にはこうした音の発生も有り得るのではないかと思う。

類例として過去の大きな地震の際、拍子木で木の床を打ったような「カシーン」と言う音がして地震が始まったと言う記録は比較的多く、本震前の初期微動なども通常「音」として聞こえると言うよりは、電気信号の脳内変換異常、つまり感覚として聞こえていると言うのが正しいかも知れず、この場合は音が聞こえる人と聞こえない人に別れ、聞こえる人の数は圧倒的に少ないが、遠くで何千人もの人がざわついているような、或いは木の葉がゆすられてザワザワしているような音として聞こえる。

更に本震も実体音は無いが、これも電気信号を通せば聞く事が出来る。
つまり電話などを使っていれば「ザー」と言う雑音、または強い雨が降っているような音として変換される。

携帯電話等で通話中にこうした音が聞こえた時は、直後に大きな地震発生の可能性が有る。

また家のどこかの隅から時々ミシッと言う音が聞こえてくる場合、これは地震発生まで1ヶ月以内に多く現れる現象で、毎日、或いは3日に1度大体同じような時間帯でこうした音が発生する場合は、その地域が強震以上の震源近くの可能性が高くなり、家の隅からドーンと言う衝撃音が毎日、または数日措きに聞こえる場合も同様である。

これ以外にも最近ではLEDの発達で少なくなったが、蛍光灯のサイクル音が大きく聞こえる場合、家電製品の使用音が大きく聞こえる場合、微弱モーター音が大きくなる場合や、プーンと言う何かが作動したとき聞こえるような音がする場合は、翌日か直後に大きな地震が発生する可能性がある。

そしてドーン、ドーンと言う音は、殆どの強震以上の地震で事前現象として発生している可能性が高く、古来より暑い年、雷の多い年は大きな地震が起こるとも言われている。

ちなみに5月30日の小笠原諸島の地震のように、震源が200kmを超える深い位置に有る場合、地表までの距離は震源が深くなればなる程、表面上の距離の影響を受けない。
震源からの距離は表面距離に関係なく等距離に近ずく為、日本全体のどこが揺れが大きくなるかの予想が出来ず、余震も数年間続く場合が有り、同様の例は京都の400km越える震源のケースや、1980年代の北海道でも存在している。

決して異常なケースではなく、むしろ震源が深い地震の特徴と言うことが出来、この場合は震源から遠く離れた地域で揺れが大きくなる場合が有るが、こうした地震の前後5年程は他の地震や火山活動が頻発傾向に有る。

天と地と大地の下は一つのものである。
地上が乱れる時は天が乱れ、大地の下もまた然り。
刹那的な日本の地下深く、もしかしたら我々が予想も出来ない何かが既に始まってるのかも知れない。

[本文は2015年5月31日、Yahooブログに掲載した記事を再掲載しています]

 

T・asada
このブログの記事は「夏未夕 漆綾」第二席下地職人「浅田 正」 (表示名T・asada)が執筆しております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください