「鉞(まさかり)を研ぐ子供」・Ⅱ

此度東北を襲った大地震にあって、我が脳裏に真っ先に思い浮かんだのが、「柳田国男」のこの話であり、また関東大震災の折の記録だった。 この二者は互いに、そこに共通点を求めるなら「子供」がその主体となるが、全く別の記録なれど、...

「鉞(まさかり)を研ぐ子供」・Ⅰ

ある村の近くの山で炭焼きを生業としている男があった。 だがこの男の暮らしは貧しく、食うや食わずの毎日で、既にもう何日も食べるものを口にしておらず、その日も朝から村へ炭を売りに行ったが、炭はいっこうに売れず手ぶらで帰るしか...

「東日本大震災への思い」

2011年3月11日は忘れることができない日だった・・・。 前年から高い気温が続き、多くの魚の異常はその数年前から続きながら、何も発生していなかった為、2010年、私は「何か大変なことが起こる」と、幾度となく記事を書いた...